04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

改善すべきこと。

2018.04.27 21:02|naoko@kisoji
我が社の敷地は狭い。
そして勾配と段差が多い。

たぶん、
うちでフォークリフト使えれば、
どこに行っても大概大丈夫だと思う。

私もよく使うのだけれど、たぶんそう。

でもそれ以上に相当気を遣う。

当社敷地前の歩道に少し、
はみ出さないといけない箇所もある。
荷物の搬出入があるから
そこそこ頻度が高い。

しかも小学校の通学路だったりする。

業務上その場所は
フォークリフトを使わざるを得ないけど、
ホントはすごく改善したい。

だからこそ、
安全確認にはそれ相当の
意識を持たなくてはならない。
ミラーだけじゃ後方確認は不十分。
目視しないと確認できない箇所が結構ある。
自分も使うからよくわかる。

会社って、
そういう意識や改善も
品質のひとつだと思う。

最終的には人なんだろうけど、
そこを高めて行くのが私の役目。

人ってそれぞれ基準点が違うから。
これなら大丈夫。って判断も
人それぞれ。

だから人の意識を高めるって
すごく難しいことなんだ。

何かが起こってからでは遅い。
何かが起こってからでは遅い。
何かが起こってからでは遅い。

今取り得る適切な対策は何か。
多面的に捉えてしっかり考えたい。

と言いつつ、
選択肢はそんなに多くはないと思う。


人気ブログランキングへ

本日甑倒し!

2018.04.14 09:35|naoko@kisoji
DSC_0642.jpg

DSC_0646.jpg

DSC_0650.jpg

DSC_0655.jpg



10月から始まったお酒づくりも、
本日の掛け留をもって、甑倒しと相成りました。

ここからは醪の発酵管理が残りますが、
日々のルーティンであった米を蒸して仕込む作業は終了です。

蔵人たちも、少ない休みでよく頑張ってくれました。
それぞれに、一回りも二回りも逞しくなり、
社長も杜氏もとっても嬉しく思っています。

お酒の出来も、ここまで素晴らしいものばかり、
大きな失敗もなく、順調な今季です。
ここからの発酵管理は、暖かくなる気候に
やきもきしながらになりますが、
残りの醪は10本、順調に酵母が活躍して、
最後までいいお酒を醸して、
気持ちよく皆造を迎えたいものです。

お客様には、すでに多くの新酒を楽しんで頂いておりますが、
しぼったお酒はすぐに適切な工程を踏んで、
多くは瓶に詰められて冷蔵庫で眠っています。

愛情込めて醸したお酒。
ここからはしっかりと美味しい状態でお客様のお手元に届くよう、
貯蔵・出荷管理を徹底し、営業活動にも勤しんで参ります。

木曽路・十六代九郎右衛門とも、
今ある商品も、これからリリースの商品も、
どうぞご期待くださいませ!!!


人気ブログランキングへ

ニオイ!

2018.04.07 18:56|naoko@kisoji
酒造りをしていると、ニオイで様々な判断をします。
酒母の状態、醪の状態、麹の状態、
製成酒の状態も、ニオイで判断できることは多数あります。

蔵の中は酒造りにまつわるニオイでいっぱいですから、
特に、蔵の中での違和感とか何かの異常とかがあった場合、
私はまずニオイの変化で気づくことが多いのです。

その他にも、蔵を誰が通ったか(個人の特定)とか、
空間に残ったニオイで察知出来たりとかするんです。

そうすると、徐々にニオイに対する反応が過剰になってきて、
人の体臭とか口臭とか、生乾きとか、後は過剰な柔軟剤とか、
とりわけ不快とされるニオイへの許容範囲がすごく狭くなっている気がするのです。

他にも、以前火災を起こしてしまっていますから、
焦げたニオイとか何かが溶けたニオイとか、
電気系統のニオイにも相当敏感になっています。

木祖村は木工関連企業も多いし、薪ストーブの家庭も多く、
寒い時期は窓の外から入ってくる木を燃やしたようなニオイに対しても、
一時期よりはましになりましたが、会社自宅すべて点検に行くくらい、
敏感に反応してしまうようになりました。

恐らく、蔵の中の衛生度が高まるにつれ、
そこに存在すべきニオイの種類も限定的になってきて、
存在して欲しくないニオイがより目立つようになったのでしょう。

逆にいい匂い(香り)に対しても以前より敏感になっていて、
醪や酒母の経過中のちょっとした香りの変化とか、
麹菌による香りの違いとか、
あとは、自然界の季節を彩る香りとか、風の香りとか、
気にしていなければ通り過ぎてしまうくらい微妙なものでも、
やはり一番先に嗅覚が反応してくれるのが
ちょっと嬉しかったりもします。

ニオイのない世界なんてありえないし、
人間生きていれば誰だって体臭も口臭も持ち合わせているし、
お酒飲めば体臭も口臭も強くなるし、
自分だって当然例外ではないのだけれど、
でも不快な臭いに対しては、本当に許容範囲が狭くなって来ていて、
むしろ潔癖にどんどん向かってしまっているかのようにも感じます。

潔癖と言えば、触ることも然りで、
酒造りをしていると、毎日毎日何回も手を洗って、
毎回必ずアルコール消毒していると、
手の汚れにすごく敏感になってしまっています。

日常生活で蔵から一歩外に出れば、
当然そこには様々なニオイがあり、
それを避けて通ることなんて不可能ですね。

それほど、酒造りって閉ざされた空間で行ってるんだなって、
終わりも近づいて来て、とても感じます。

その他にも、
空間としては蔵の中は酵母菌リッチな環境ですから、
風邪菌とかウィルスが入り込む余地がない気がしていますし、
(これは勝手に酵母菌が守ってくれていると思っています。)
そうすると、真冬に外出したり人の多いところに行ったりすると、
結構簡単に風邪ひいたりするようになりました。

4月になると外出の機会も格段に多くなりますから、
様々なニオイに触れることになるし、
蔵の中と比べると手を洗う回数は少なくなるし、
酵母菌リッチな環境にも守られなくなるし、
この不思議な諸々の感覚は徐々に遠のいていきます。


そうそう、造りの間は1日3食規則正しく食べるのですが、
食事を作ってくれる母は比較的薄味で食材の自然な味わいを活かしてくれるし、
自分自身もそうだし、
自然ではない添加物特有のニオイ(味も)とかコンビニ弁当の特有のニオイとか、
食肉加工品とかとかとか、
食べた後何時間も体内に残るのにも不快感を覚えるようになってきました。

絶対に食べない!とかではないけれど、
やはり食事はできるだけ自然であることに尽きると感じますね。

たぶんこの感覚は酒造りが終わっても続いていくことですね。
ましてや、営業に出れば素晴らしいお料理の飲食店さんへ、
営業と称してお伺いすることが出来ますから、
美味しい美味しいお料理やお酒にたくさん出会えるのが今から楽しみなのです!

というわけで、
いずれにしても、甑倒しまであと1週間となりました。
蔵人も、少ない休みでよく頑張ってくれたと思います。



人気ブログランキングへ

月に1回思うこと。

2018.03.09 21:27|naoko@kisoji
明日はここ木祖村のリサイクル回収日です。
ペットボトルとか、蛍光灯とか、瓶とか。

我が家では特にペットボトルと瓶が多く出ます。
当然、ラベル類はすべて剥がして、
容器は洗浄してリサイクルに出すわけですが。

瓶。

ラベル剥がれないものが多いですね!
特に食品。

ラベルに特にコストを掛けていないのか、
そもそも何か別の理由があるのか、わかりませんが、
上質紙やアート紙のベタ貼りのものがまだまだ多いですね。

日本酒については、特に飲食店さんにおいて、
当たり前に冷蔵庫で保存されるようになり、
更には、お客様の前に瓶が登場することも多くなってきたので、
冷蔵庫から出して結露しても、ラベルが傷んでいないように、
耐水性の強い紙質を選んで使用することがとても多くなっています。

代表的なものはユポ紙ですが、
これは耐水性と同時にとても剥がしにくいので、
当社ではよほどなことがないと使いません。

当社では、和紙に耐水加工を施したものとか、
アルミック素材とか、そんなようなものをよく使用しています。

以前アート紙で印刷したラベルの当社のお酒が、
同業者の集まる宴会に出てきたのですが、
冷蔵庫から出して結露した途端にラベルがボロボロになって、
密かにとっても恥ずかしかった事があったので、
ラベルの耐水性には結構こだわったりしているのです。


ただ、耐水性≒剥がしにくさ
という側面も持ち合わせているので、紙質選びも難しいものなのです。

他社さんのお酒もよく飲む我が家ですから、
リサイクル日の前日はラベル剥がしに勤しむわけですが。。。

日本酒のラベル、結構剥がしやすいですね。
その反面、食品のラベル。本当に剥がしにくい。

紙質だけではなく、のりの問題もあるかもしれません。

でも、ごく一般的な家庭に存在する確率を考えると、
おそらく日本酒の瓶より食品の瓶が存在する確率の方がよほど高いですよね。

なんとなく不思議なんです。

中には剥がしやすいものも出てきてはいますが、
まだまだ食品のラベルは剥がしにくい。。。

以前、印刷屋さんが、とある酒蔵から、
日本酒のラベルに耐水性と剥がしやすさの両立を求められて、
結構難題なんですって言ってたのを思い出しました。

紙質の開発もどんどん進んでいるでしょうし、
もっと食品のラベルも剥がしやすいものになってくれると、
月に1回とは言え、リサイクルに出す瓶の準備が楽になるんだけどな~

(都度剥がせばそんなに大変じゃないよ、ってのはここでは横に置いておいて。)

ただ、家庭での剥がしやすさとは別で、
瓶の回収業者からしてみると、
耐水性の高いラベルは洗浄剤で剥がれなかったり、
のりが瓶の表面に残ってしまったりで、
再利用に耐えられずに廃棄になってしまうものを増えているんだとか。

一般家庭では多少耐水性のある和紙とかって、
ラベル剥がしやすくていいんだけれど、
商業ベースでの回収瓶とかってなると、
まだまだアート紙とかの方が洗浄剤でキレイに剥がれるからいいんですね。

できるだけ、資源は再利用できる形になることが望ましいですが、
結構悩ましい問題です。


人気ブログランキングへ

脳内活性!

2018.03.07 23:51|naoko@kisoji
正直、あまり期待せずに出席した本日のセミナー。
(関係者の皆さま、ごめんなさい。)

「インターネットを活用し、信州の酒の評価を上げるためのセミナー」

ね、なんかね、タイトルがね。
で、出席したわけなのですが。。。


ところで。
株式会社湯川酒造店のwebサイトを立ち上げて1年がたちました。
写真家の有高さんと構想を話し始めて、
リリースまでたぶん2年半くらいかかったでしょうか。

何が一番決まらなかったかって言うと、
「自社をどう伝えるか」の根本部分だったんですね。

日々の中で、杜氏さんと根詰めて考えたり、
酒造りの最中もそうだし、
お風呂に入りながらとか運転しながらとか、
何気ない時間にひとりで想いをめぐらしたり、
経営セミナーに出て考え抜いたり、
パネリストのお仕事を頂いて自社を客観視してみたり、

様々な時間を経た中で、
今自分たちの伝えること、自分たちの表現は、
「あ、これかも!」って少しだけ繋がって。

webサイトを作りたいって構想の目的の中心には、
「自分たちを伝えること」があったんです。

インターネット上の情報ってすっごく多くて、
自分たちの発信する情報に誰がどのように辿り着くのかもわからないし、
SNSの普及で口コミとかの情報がすっごく散乱しているし、

であれば、真の自分たちを担保できる情報は、
自分たちから確実に発信すべきと思ったんですね。

誰かがそこに辿り着くには、
ハードルは高いんだけど、
深掘りしたいっていう誰かの欲求は満たされる。
そこに辿り着いてさえ頂ければ。


ここ最近、
自分たちの「存在意義」とか「アイデンティティ」とか、
そんなことをすっごく考えて過ごしていて、
「ブランド」として湯川を成長させるには、
自分たちが考えていることをどう伝えるかにかかっているんだって、
そんなことばかりに想いを巡らせて悶々としているわけです。

自分たちにしかないものって何?とか。

酒蔵って、
大抵、環境がよかったり、
大抵、歴史があったり、
大抵、造りにはこだわっているし技術力も高い。
大抵、今時の酒はどれも美味しいし、
大抵、顧客体験も似たり寄ったり。

正直なところ、
表面的に捉えるだけではどこも大差ないんですよね。

じゃぁ、湯川の酒に出会った誰かが、
「あ、この酒美味しい♪」って思った時に、
湯川の個性のどこの何に惹かれたのか。
湯川じゃなきゃいけない理由ってどこに転がっているのか。

歴史とかルーツとか、気候環境とか、人とか。
それって、酒の味やラベルから伝えるには限度がありますよね。

「知りたい」と思ってさえ頂ければ、
きっといつかは私たちのwebサイトに辿り着いていただけるわけですね。

そこで、出てきた情報が、
その誰かにとっての湯川の酒のイメージになるんです。

口コミとか、SNSとかってのはあくまで客観的で、
主観的な情報は自社のwebサイトでしかないですね。

「あ、この酒美味しい♪」のその先に、
「へぇ、だから美味しいんだ!」
「へぇ、こんな人たちが造ってるんだ!」
「へぇ、なんか素敵だな~!」
「もっと湯川のこと知りたいな~!」

ってどんどん深掘りしていっちゃうような、
そんな自分たちを伝えられると、
きっとその誰かは、湯川の酒のファンになってくれるんですね。

だけど、その入口はとっても狭い。
まず、湯川の酒にどこかで出会わなくては。
もっと知りたいって思うだけの感動をそこの一瞬で与えなければ。
口コミやSNSの情報にとどまらず踏み込んできてもらえなければ。

自分たちで、その入口を狭めているかもしれないけれど、
マスを対象にした広告的情報ではなくて、
「知りたい」の先にある「伝える」ものでなくてはならないんですね。

ですから、自分たちのお酒は美味しくなくてはならない。
感動していただけるようなお酒でなくてはならない。

なんとなく、今自分たちが考えていることが、
今日のセミナーで言葉になって繋がった気がしました。

私たち、すっごく時間がかかるんだけれど、
杜氏さんと無駄に酒飲みながら話したり、
麹室の仕事しながら話したり、
車に乗りながら話したり、

結構な時間を使ってたどり着いていて、
何が正解かも分からないんだけれど、
自分たちを信じて、
自分たちの費やしている時間を信じて、
一歩ずつ進んで行けているのが、
ポジティブスパイラルになっていれば最高ですね!!

何がどうしてどうなって脳内活性なのかって、
たぶん、ちっとも伝わらないくらい、
うわ~って脳内活性した今日だったのでした。

今日も乱文にお付き合い頂きまして、
ありがとうございました!!!


人気ブログランキングへ