FC2ブログ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

酒蔵の危険。

2018.12.24 00:45|naoko@kisoji
IMG_0830.jpg

酸素濃度6.9%!?

酒蔵には様々な危険が存在します。

・機械設備への巻き込まれ
・ホース類での躓き、転倒
・梯子や足場からの転落
・高温高圧蒸気の取扱い
・古くから使用している電気設備
そして、
・発酵タンク内の酸素欠乏

などなど。

これらは日々の作業の中で、注意を怠ることで、
大きな怪我や事故につながる危険ばかりです。


先日、突然の労働基準監督署の調査が入り、
(本当に突然でした)
労務関係の帳簿や労働環境の調査を行っていきました。

その際に指摘されたのが、
酸素濃度測定器が設置されていなかったこと。
過去には、測定器は持っていたのですが、
数年前に壊れた使えないことを理由に、
処分してしまっていたのです。

なぜ、酒蔵に酸素濃度測定器が必要なのか。

それは、
酵母がアルコール発酵をする際、
糖分を分解してエタノールと二酸化炭素を生成しますから、
発酵中の醪タンク内は、二酸化炭素で満たされているわけです。

しかも二酸化炭素は空気よりも重いですから、
タンク内で生成され続ける二酸化炭素は、
タンクの外へ逃げるすべがないわけですね。

当然、上槽により空になったタンク内にも、
まだまだ多くの二酸化炭素が残っています。

上槽後の醪タンク洗浄をする際、
多量の水を流して二酸化炭素を逃してからタンク内に入るということは、
酒蔵に入って、真っ先に教わることのひとつなのです。

というわけで、洗浄のためにタンク内に入る前に、
タンク内部の酸素濃度を測定する必要があるということなのです。


で、せっかく酸素濃度測定器を新調しましたから、
「発酵中の醪タンクに落ちたら即死だよ」
と、注意喚起をしているにも関わらず、
実際の醪タンク内部はどの程度の酸素濃度なんだろう、
ということで、図ってみたのがこの写真なわけですね。

説明が長くなりましたが、
要するに、発酵中の醪タンク内部の酸素濃度は6%程度。
もしかしたらもっと低かったかもしれません。
(警報音がうるさくて、測定をやめてしまったので。)

xo3262a_3.jpg

この図は酸素濃度測定器のメーカーHPより引用しましたが、
確かに、6%で「呼吸停止、けいれん、死亡」と書かれています。

「発酵中の醪タンクに落ちたら即死だよ」
って、大袈裟な表現ではなかったんですね。

数値で示されることで、
私たち作業者にとっては、
日々の作業環境が危険なのだということを、
改めて再認識するいい機会となりました。

そして、
当社が酒蔵見学を受け入れていない理由は、
衛生面を考慮していることだけでなく、
こうした危険が近くに存在するからなのです。

事故や怪我は、
意識ひとつで回避できることがほとんどですね。

改めて、自社の作業環境を見回してみて、
危険度合いの割り出しと、
改善方法の検討をしてみたいと思います。


人気ブログランキングへ

社員あってこそです。

2018.11.27 21:35|naoko@kisoji
間もなく12月だというのに、
我が社の作業場に通常大小2台のストーブが稼働するところ、
小さい方1台しかまだ稼働していません。

女性がメインの作業場ですし、
朝礼もその作業場で毎朝行います。

「そろそろ大きい方のストーブ出したら?寒くない?」
って、何度か女性社員に聞いたのですが、
「ん~まだなくてもいいかな~」との返答。

男性社員も、
何度か「ストーブ出す?」って聞いたみたいなのですが、
結果的に、本日現在、
小さいストーブ1台しか稼働していません。

確かに、冷え込みは例年よりも緩やかだし、
日中は動いていれば汗ばむ陽気で暑いくらい。

でも、朝はそこそこ冷え込んで寒いっちゃ寒い。


その女性社員たちとの雑談の中で、
「ストーブ出せばいいじゃん!」って言ったら、
「まだ寒くないし、新酒の生酒準備しなくちゃだから!」
「もうしばらく、小さいのだけで大丈夫だよ!」
との返答。

なんかね、寒さ我慢させちゃってるんじゃないかって申し訳ない気持ちと、
そんなにお酒のこと優先してくれてるんだって嬉しい気持ちと、
すっごく複雑だったけれど、でも正直嬉しかったんです。

みんな、私が入社する前から湯川酒造店で働いてくれていて、
当時は少しでも寒ければストーブガンガンたかれてたし、
生酒だろうが火入れ酒だろうが、
ストーブの温風があたっても、
社員は正直それほど気にもとめていませんでしたし。

私も感情コントロールが下手だから、
そんな状況を見てしまったものなら、
無駄に感情的になったり、泣け叫んだり、
商品が優先だって怒鳴り散らしたり。

そんな私を当然見てきている社員たちが、
今も頑張ってくれているのです。

最近は、私も少しは大人になったから、
自分が何をどう考えているかとか、
湯川酒造店がどうありたいかとか、
そんなことを朝礼や雑談のたびに、
しつこく同じようなことを伝えるようになって。

感情コントロールしたり、温厚な性格にいつのまにかなったり、
それは、杜氏さんと結婚したことも大きいのだけれど、
その結果として社員たちに、
自分の思いがきちんと伝わるようになってきているのかな。

「お酒優先だから!」
ってのは、私の中で昔から変わってないんだけれど、

「社員全員が造り手だよ!」
「みんなが湯川酒造店の顔になるんだよ!」
「こんな人にウチの酒をこうやって売ってもらうんだよ!」
「うちのお酒、こうやって飲まれて喜ばれたよ!」
「今、会社の状況はこうだよ」
「私や杜氏はこんなこと考えているんだよ」

些細なことでも重要なことでも、
とにかく会社のことはすべて社員にも伝えるようにして、
みんなで共有できる情報を多くしていくことで、
私が思っている以上にお酒を大切にしてくれるし、
私が思っている以上に愛情持って接していてくれるし。

日々を重ねる毎に、
商品に対する接し方がより丁寧になっていって、
私が望むことにプラスαが増えてきています。

私が想いを伝えることで、
それが実現されていく会社がここにあるってことに、
本当に嬉しくて、社員に感謝するほかないのです。

わがままだし、感情的だし、
失敗多いし、気まぐれだし、
社員はみんな私に振り回されてるって、
きっと思っている気がするけれど、
それでも、こんな私についてきてくれている社員皆に、
ありがとう、ありがとう!!


人気ブログランキングへ

「てれこ」って使いますか?

2018.10.29 18:57|naoko@kisoji
「てれこ」って言葉、
比較的日常的に使用する言葉のひとつです。

例えば、
「特別純米酒の1.8Lと720mlがてれこになってる!」

この場合の意味はこうなります。
「本来1.8Lが出荷されるべきところ、720mlが出荷されてしまったので、数が合わない。」

何かと何かが入れ違いになってしまっている時に使うんですね。

私は、酒造業界に入ってからしか聞いたことがなかったし、
酒蔵の人と話すときは使うこともあるけれど、
酒販店さんや、その他の業種の人と話すときはほぼ使いません。

ついでに言えば、杜氏さんはウチの蔵に来て
始めて聞いた言葉だって言っています。

なので、「てれこ」って方言とか酒造業界用語とかだと思っていたんです。

ところが、先日東京の酒販店さんと話している中で、
「てれこ」という言葉が発せられたんですね!!

それで、ん?っと思って、語源を調べてみたってわけです。

辞書では、
① 歌舞伎で、二つの違った筋を、多少の関連を持たせて交互に展開していくこと。
② 互い違いにすること。また、食い違うこと。

へぇ!歌舞伎用語だったなんて知りませんでした。
そこから、互い違いとか、入れ違いとか、そんな意味に派生したんですね。

「手を加える」の意味の「手入れ」に接尾語の「こ」が付いて変化したそうな。

てことは、方言でも業界用語でもなかったんですね!
ひとつ物知りになりました(笑)


人気ブログランキングへ

酒造り始まっています(笑)

2018.10.27 11:56|naoko@kisoji
IMG_0441.jpg



契約栽培米も一気に入荷して米倉庫はパンパンですが、
2018酒造年度のお酒づくりも無事にスタートを切っております。
10月29日からは仕込み1本目の本仕込みが始まり、
今年は醪本数にして、60本を醸造する予定です。

今季の体制としては、
昨年より醸造部が1名減りまして、私も含めて5人体制となります。

というのは、瓶詰出荷部に欠員が出ており、
もう春先から募集を欠けているのですが、なかなか応募がないのが現状です。
なので、醸造部から1名瓶詰出荷部に異動になったというわけです。

なかなか忙しい醸造期になりそうですが、
過去にも3人半の体制で酒造りをした年もありましたし、
欠員は決してイイことではありませんが、
それにより、作業の効率化などを考え直すいいきっかけとなります。

そりゃぁ、もう、パートさんでもいいので、
ぜひとも応募してきていただきたいのですが、
どういうわけか、本当に応募がありませんね。

これまで、求人を出せば必ず応募があったので、
人財獲得には少し考えが甘かったところがありますが、
木祖村という立地環境上、
同職種であれば都市部の会社と競合して負けてしまいますし、
生活住環境の面でも、色々とハードルが高いのは承知しています。

選ばれる会社にならなければ、
いい人財なんてやってこない時代ですね。

新卒採用もこれまであまり積極的ではありませんでしたが、
商品を売るためのブランド化だけではなく、
会社を永続するための人材確保のためにもブランド化をして、
会社力を上げていかねばと、痛感している今日このごろです。

というわけで、今からでも湯川酒造店で働きたいよ~
なんていう方がいらっしゃいましたら、どうぞお声掛けくださいませ!!

求人情報は→こちらでご確認ください!

人気ブログランキングへ

台風一過

2018.09.05 09:34|naoko@kisoji
9月4日から5日にかけて日本を縦断した台風21号。
全国各地では甚大な被害をもたらしたようです。
被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

大きな被害を各地でもたらし、
こうした自然災害を目のあたりにするたびに、
自然環境の変化が大きくなってきているのだと実感します。

さて、当社では少し迂闊だった自分に大きな反省をしています。

台風情報とにらめっこしていたのに、
台風が近づいてきているにもかかわらず、
天気は案外に穏やかで、なんとなく大丈夫かな~と。

そうこうしているうちに突風が吹き、暴風雨。
あっという間という感じでした。

このくらいなら、社員も定時あがりで大丈夫かな、なんて、
明日はひやおろし一斉出荷しなくちゃいけないし、なんて、
ちょっと判断を迷っているうちに、暴風雨。

結局暴風雨が一番強かったであろう時間帯に、
社員を帰宅させるはめになってしまいました。

国道には橋が多く、橋を通過する時が一番怖いのだとか。
倒木や飛来物もあり、車も風で浮きそうで怖いのだとか。
本当に、みんなが無事に帰宅してくれてホッとしたのです。


そして会社はと言えば、
雨漏りはするは、うっかり見過ごしていたものが吹っ飛ぶは、
倉庫も日頃から用心しているものは固定して大丈夫だったけど、
大丈夫と思っていたものが吹っ飛ぶは、
なんとか自社の敷地内でからは飛び出していなかったので良かったけれど、
とりあえず、私が木曽に帰ってきてからは最大級の台風でした。

停電対策はして会社を閉めましたが、
想定通り、停電もありました。

うちではすぐに復旧しましたが、
5~6時間、場合によっては朝まで停電していた地区もあり、
避難勧告が出ていた地区もありました。

うちからほんの数百メートルにある役場の屋根が吹っ飛んで、
朝から修繕工事しているようです。

普通の台風なら大丈夫な養生では、
防ぎきれないもの、見落としていたものが、
今回の台風では洗いざらい見せしめられた気がしています。

想定以上のことを想定するということが、
今や当たり前になってているんだと、痛感しました。

社員の命を守るのが社長の使命。
危ない橋(本当の橋も含めて)を渡らせてはいけないですね。


人気ブログランキングへ