fc2ブログ
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

今日の酒蔵(10/30)

2007.10.30 22:21|naoko@kisoji



麹室で使う麻布を洗いました。
窓から差し込む日差しに、洗い立ての布がきらきら輝いています。

熱湯で洗うので、手袋をしていても指の先が若干火傷しています(・_・;)
これを毎日繰り返していると、手の皮も厚くなってきます。

明日からいよいよ室仕事が始まります。
始まってしまえば、布洗いも毎日の光景になりますが…。


ところで、今日は実は初めて、『米の張り込み』をしました。
と言うのは…米を蒸かすための甑に洗米→水切りした米を入れる作業です…が、
これがまた見ているだけはとっても簡単そうな作業でも、
実際に自分がやってみると、そう簡単には出来ないのです。

写真を撮る余裕がなかったので、分かりにくいのですが、
とにかく、要点をしっかり押さえなくてはならないのです。

?甑肌に隙間が出来ないよう、周囲は少々押すようにして隙間を埋める。
?ただし、全体的には米はふわっと張り込まれていなくてはならない。
?更に、蒸かしムラが出来ない様に表面は平らにしなくてはならない。

~ならない。と言う表現だと義務的ですが、
そうではなく、いい蒸米にするための絶対条件なのです。

?甑肌に隙間があると、その隙間から蒸気が抜けてしまいます。
 =(イコール)蒸かしムラが出来てしまう。
?蒸しあがりが硬くなってしまうのを防ぐ為
?同じく蒸かしムラをなくす為。

まだまだそれぞれの理由はたくさんありますが、
要は使用目的に適した蒸米に仕上がるように、すべてに気を遣うのですね。

普段見ているだけの時はみんないとも簡単そうにしていたので、
調子に乗って『私やリま~す!!!』なんて手を挙げてみたのですが…。

やってみると、本当に難しいものです。
これもすべて人間の手仕事なのですね。
その日の洗米具合に応じて、微妙に張り込み方が変わってきたりするのでしょう。
機械では絶対になし得ない『微調整』が手仕事ならではの味わいなのですね。


◇◇◇口だけは一人前ですが…早く手仕事職人になりたいっ!!!◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇

全国ふるさとフェア2007

2007.10.30 21:35|naoko@kisoji
全国ふるさとフェア2007
2007.11.03(土・祝)~11.04(日)10~17時


北海道から沖縄までの美味しい食べ物が赤レンガ倉庫イベント広場に集合する。
能登の牡蠣をはじめとする海の幸や、とれたての新鮮な野菜・くだもの、宮崎地鶏の串焼き、
北海道のジャガイモなどの地方名物、焼酎・日本酒と耳にするだけで心が躍るような
食べ物・飲み物が多数。りんご祭(11/4のみ)、全国5市町ふるさと汁物対決も開催。

全国ふるさとフェア2007の写真 

と、言うわけで、今年も『木曽路』『十五代九郎右衛門』として出展しま~す!!!
お近くの方も、そうでない方も、結構ボリュームのあるおもしろい物産展ですので、
ぜひぜひお越しくださいね☆彡

お待ちしておりま~す(^^♪



◇◇◇長野県からは天領誉/井の頭/川中島の皆さんと一緒に出展です◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇