fc2ブログ
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

吟醸しぼったど~!!!

2008.03.07 20:31|naoko@kisoji
さて、本日は朝からバタバタの一日デシタ。

本年度の吟醸、無事しぼりました~と言うわけです



今年は少々苦労した吟醸仕込みですが、
終わってみると、なかなかのいい酒になったじゃないですか

うちの蔵では、木造の槽(ふね)は老朽化により壊してしまったので、
現在では小さいタンクを槽代わりに仕立て、袋でしぼります。

4℃程度まで冷えた醪を手作業で袋に開け、
タンクの中に重ねていくわけですから、
作業する手は悴んでなかなかうまく動きません

でもまぁ、そうやって丁寧に作業することで、
いいお酒に繋がっていくのですね。



キラキラと琥珀色に輝くこのお酒を見るたび、
酒造りしていてよかった~ってしみじみ感じます。


さて、しぼってからはいざ、私の出番デス

斗瓶に囲った吟醸酒は、全国新酒鑑評会出品酒でもあり、
数日間静置して滓(おり)を下げます。
滓が下がったところで、一本一本丁寧に滓引きを行います。
滓引きと言っても、作業としては上澄み部分を一升瓶に移し取っていくのです。

これがまた、地道な作業で、細いチューブを使ってサイホンの原理で
上澄みを一升瓶に移していくのですが、
あまり太いチューブを使ってしまうと、お酒の移動が雑になってしまい、
綺麗に滓引きが出来ません。
と言うより、酒の味が雑になってしまうような気がしてダメなのです。

と言うわけで、予想以上に時間と労力がかかります。
冷蔵庫の中に篭って、全ての滓引きをひと通り完了するまでは、
丸一日掛かる作業です。

これを、最低2回。

その後、全てを瓶燗急冷します。


今から気が遠くなるような作業ではありますが、
これまた結構好きな仕事です。


良いのか悪いのか、全国の鑑評会入賞には縁遠い今日この頃ですが、
(鑑評会について感じることについては、また後日書きたいと思います。)
こうしてお酒を大切に扱うと言うことは、
出品するしないに関わらず、
酒を造る者としての精神鍛錬のひとつかな~と感じたりもしますね。


◇◇◇もしや、今年は花粉症元年?!◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇
◇◇◇クリッククリック♪お願いしますm(__)m◇◇◇