FC2ブログ
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

どうなる、日本酒需要

2008.04.07 22:00|naoko@kisoji
4月4日の醸界タイムスの記事です。

『2月分全国清酒出荷状況 5万3千klで5.8%増』


記事を抜粋しますと、

日本酒造組合中央会の集計によると、前年の出荷数量に比べ5・8%も上回る5万3千klを出荷した。厳寒の追い風を受けて、2月の全国清酒出荷数量がかなり昨年をクリアする、との期待どおりの結果となった。・・・・・・すべてのタイプの清酒が前年より増加した。とりわけ一般酒が前年を上回ったの注目され、純米酒の堅調振りもさらに目立ってきている。

・・・・・・その要因は(1)2月は全国的に厳寒の追い風を受けたこと(2)前年2月の出荷数量が少なく、それとの対比--などによるもので、清酒需要にとって大事な寒冷が厳しかったことが幸いした。

・・・・・・全国的に出荷状況を眺めても▽東京局管内4県=前年比13・8%増▽関東信越局管内6県=3・3%増(群馬県のみ減少)(長野県:4.4%増)・・・・・・ほとんど全国税局管内にわたって前年を上回った。

また、2月分のタイプ別清酒出荷数量(前年対比)は▽吟醸酒=2698kl(4・5%増)▽純米吟醸酒=1538kl(5・8%増)▽純米酒=4341kl(8・2%増)▽本醸造酒=5220kl(0・2%の微増)▽一般酒=4万689kl(6・4%増<うち生酒は3011klで4・8%増>)--となっており、一般酒の増加が目立ち、すべてのタイプの清酒がプラスとなったのは珍しい。

とのことです。

まぁ、単月で前年同月比を見ているだけなので、
楽観視するものではないのでしょうが、
出荷実数が昨年の2月よりは増えたのは事実なのです。

一般酒の増加も大きいのは素晴らしいことですし、
特定名称酒が増えていると言うのは、
より美味い日本酒を求める消費者の方々が増えてきたと言うことなのでしょう。

そして、特定名称酒が美味い蔵は一般酒も美味いのだと思います。

日本酒の需要を支えてくださっているのは、
日本酒愛好家の皆さんであり、
更には毎日晩酌で日本酒を飲んで下さっているお父さんたちなのです。

実際、うちの蔵でも出荷量は一般酒が一番多いのです。

金額的には安いお酒かもしれないけれど、
それでも酒類の中で『日本酒』を選んでいただけ、
毎日の日課として飲んでいただけるのは、大きな需要のひとつだと思います。

一般酒であっても特定名称酒であっても、
日本酒であることには変わりありません。
ただ、三増酒や合成酒ではダメなのですが…。

より美味い日本酒を世に出していくことが、
日本酒愛好家の底辺を広げる為の、酒蔵の責務だと感じます。



◇◇◇日本酒は毎日呑んでも飽きません◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇

スポンサーサイト