FC2ブログ
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

もう一回書くぞ!!

2008.05.18 10:12|naoko@kisoji
昨日は長文消去のショックに打ち拉がれて、アップできませんでしたが、気を取り直して!!本日から久々の連泊にて東京出張です。なのであずさの中から書かせていただきます♪

えっと、若葉会の旅行では、義峡さんと蓬莱泉さんのふたつのお蔵を見学させていただきました。両者とも、共通して言えるのは、日本酒激動の時代において成功をおさめたお蔵だと言うことでしょうか。ただ、両者の規模は大きく異なり、蔵の方針も正反対と言っていいものだと思います。

その中で、更に共通して言えるのは、ある時点でそれまでの方針を打ち棄て、全く新しい方針へと方向転換してきたと言うことです。恐らく、30年近く前のことであり、まだまだ日本酒に新しい可能性が山ほどあった頃(今でも日本酒の持ち得る可能性はかなり大きいと思いますが)だからこそ出来得たことでもあると思うのですが、ある意味先代が築いてきた礎をかなり壊すような方針転換なんだろうと感じました。もちろん、より自社のお酒を大切にする為の理由によるものであるのですが、それ故一時売り上げが激減するなど、かなりの苦労をなさってきたようです。でもそれができると言うことはすごい勇気だなと思いました。もちろん、ある程度先立つものもあるからこそ踏み切れたのではないかとも思いますが、それにしてもすごいことだと感じます。

更に、蓬莱泉さんですごく勉強になったことのひとつが、『常連のお客様の楽しませ方を心得ている』と言うことです。蔵に併設されたショップで小売りを行っているのですが、毎月来てくださるお客様を飽きさせないような演出を心がけているそうです。ショップに並ぶ商品ラインナップも月毎に変えたり、装飾を変えたりと、いつ来ていただいても新鮮な気持ちでお買い上げいただけるようにとの配慮でした。

以前にも書いたのですが、私は『季節によって変化を遂げるお酒の表情を、その時々の最善の状態でお客様へお届けしたい』のですが、季節限定で販売したりするにもまだまだその方法が下手なのか、うまくいかない部分が大きいのです。考えているよりは簡単なことだとは思うのですが、何しろうまくないのです。

まぁ、とにかく十人十色。いや、十蔵十色。蔵の数だけ酒の味わいがあり、造り方があり、売り方があるのですね。まずは湯川らしさ。それが何なのか、私に何ができるのか、発見せねばなりません。親の代の湯川らしさはまさに今現在の湯川らしさだと思うのです。でも今後ずっと湯川の酒をお客様にお届けしていくためには、それを担うべき私が自ら更なる湯川らしさを発見せねばなのですね。

初参加ではありましたが、有意義な研修旅行になりました。ありがとうございました。

◇◇◇携帯からリンクを貼る方法がわからないのですが◇◇◇
◇◇◇人気ブログランキング参加中です◇◇◇
◇◇◇応援ぽち、お願いします◇◇◇

またまたショック!

2008.05.17 19:20|naoko@kisoji
せっかく書いた日記、
しかもめっちゃ長い日記、
アップロードの際のエラーでまた全消去…。
お習字に行ってきてからまた書きたいと思います。

ショボン(T_T)



◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇

久々のなわとび♪

2008.05.15 23:59|naoko@kisoji
すっかり三日坊主っぷりを発揮しているなわとびですが、
ある意味有言実行になってしまいました

と、言うわけでなわとび復活~!!!

本日は
『連続100回とび×2セット+連続50回とび×1セット』
という記録でした。

やっぱり足が絡まります。

しかも体重が人生初の大台に乗ってしまいそうな勢いです。
造りが終わって、比較的デスクワークが多くなってきたのですが、
それなのに、食べる量と飲む量が減りません。

そりゃぁ、体重増えるわけですよね…。

ガンバロウ...


◇◇◇研修旅行報告はまた明日!!!◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇

若葉会!

2008.05.14 06:54|naoko@kisoji
昨日から若葉会の研修旅行で名古屋に来ております。昨日は『義峡』のお蔵を見学させていただき、今日は『トヨタ』と『蓬莱泉』を見学させていただきます。
日本酒業界にも色々な成功秘話があり、それを成し遂げた社長さんにはとても自信が漲っています。私が成功者になるにはまだまだ時間が必要で、その何倍もの失敗や苦しい思い、悔しい思いをしなくてはならないのは当然至極だと思います。
ただ、何が重要かというのは、『何を以て成功とするか』『自分の蔵がどこに向かっていくべきなのか』『どこへ向けていきたいのか』なのでしょう。そして、自分の人生だからこそ、それらすべて最終的に決めるのは自分自身でなくてはならないのでしょう。まぁ、私自身がそうでなくては嫌なのですが。蔵に帰ると決めたのも誰に指図されたわけでもなく自分自身で決めたことなのです。
何はともあれ、先は長い!!焦らずに、でも置いていかれないように、着実にステップアップしていきたいものです。

大ショック!!

2008.05.10 23:39|naoko@kisoji
メインPC壊れました(T_T)最近、ハードディスクからカタカタとおかしな音がするので、この土日でデータのバックアップを取ろうと考えていた矢先。ダメになるときは一気ですね。見事、起動できません。セーフモードも起動できません。パナソニックのお客様相談センターにも電話しまくりましたが、リカバリーを勧められ。パーティションは分割してあるので、Cドライブだけリカバリーしようと試みましたが、それすらエラーが出てしまい、できないようです(´Д`)誰か詳しい方、お助けください!!

やばいよ、八丈島!!!

2008.05.08 20:38|naoko@kisoji
半年振りの連休…と言うことで、3日~6日にかけて、
八丈島
へ行ってまいりました。

目的は…もちろん…ダイビングぅでございます。


なんと言っても、今回はかなりラッキーなダイブツアーでした
まだまだかなりテンション上がりまくりなんですが…。


まずは、2日の飛行機も4日の飛行機も欠航だったこと。
GW後半戦では3日の飛行機でしか八丈入りできなかったんですね~。
来られなかったダイバーの方々と、
その分の収入が減ってしまったショップの皆さんには申し訳ありませんが、
私たちとしてみれば、お客さんの少ない状態で、
しかもかなりコンディションがいい状態で潜らせていただいたので、
本当にラッキーとしかいいようがありませぬ。


しかもしかも、八丈きってのダイブポイント、『ナズマド』に連日は入れたこと。
潮の流れが変わりやすく、なかなか入ることの出来ないポイントらしいのですが、
3日間11ダイブのうち、7ダイブは『ナズマド』に入れたってのも、
かなりラッキーとのこと

このポイントはビーチエントリーなのですが、
ユウゼン玉は見れるは、ハンマーアタックはできるは、
小物ちゃんたちは多いわ、私の大好きなウミウシも多いわで、
かなり最高のポイントです。

連続して同じポイントに入っても飽きないってのは、
なかなかないんじゃないかな~って思います。

すいません、海の中へはカメラを持ち込まない主義なので、
写真は一切ありません。

カメラを持って入れば、綺麗な魚たちも映像として残るのかもしれませんが、
海の中にいる時に、ファインダーばかりのぞいてしまい、
実際に目に焼き付けることが出来なくなるのが怖くて、
カメラは持たないことに決めているのです。


更に更に、ラッキーだったのは選んだショップが最高だったこと。

今回は予約の日数も少なかったので、
八丈島へ行くことを決めてから、ショップを選ぶに当っては全く吟味せず。
ネットで調べて、飛行機と宿が空いていたので即予約…的な。

なのにも関わらず、そこのイントラさんお二人がかなりの海好きで。

欠航もあいまって、かなり丁寧にガイドしていただき、
私のマニアックなリクエストにも応えていただいちゃったりで。


何から何まで、本当に最高の島でした!!!!!!!!!!!!


意外に、木曽から東京へ行く時間と同じくらいで、
東京からは八丈島へ行けてしまうくらい近いところなのです。

まぁ、飛行機は欠航の確立がかなり高いので、
そのリスクを抱えての旅行にはなってしまいますが。

でも3日間お休みが取れれば、
船を使ってでもまるまる3日間満喫してくることが出来るんですよ!!!

完全に八丈島のとりこになってしまいました



◇◇◇あれ???なわとびは????????◇◇◇
◇◇◇海中でかなり体力を使ってきたので…言い訳にならないか。◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇

5日目!!!

2008.05.01 23:59|naoko@kisoji
おいおい
やっぱり3日坊主じゃん

…と思われていそうですが……。

昨日はなんだか身体が軽く、
『連続とび200回×2セット』デキマシタ

さすがに200回連続とぶと、軽く汗ばんできます。
きっと、こんな程度じゃあまり意味を成していないのかもしれませんが、
無理なく継続できる量をこなしつつ、
回数を増やしていけたらな~って思います。

学生時代を思い出すな~

筋トレでも走りこみでも、かなり限界まで頑張った記憶が…。
そのお陰で、当時は太股もかなりがっしりしていたし、
今の様に少しの作業でも身体がダル重くなることはありませんでした。

と言うか、基本的に疲れなかった気がします。

若さ
と言ってしまえばそれまでですが、
世界のアスリートたちは25歳からでも30歳からでも、
また新たな記録に挑戦しようと頑張っている人たちがたくさんいます。

年齢的に体力の限界とかってよく言うけれど、
それはきっと精神力の限界のことを指すのかなって思います。

私はアスリートではないけれど、
自分が取り組むべきことに対しては
年齢とか経験とかには関係なく、
精神力的にどんどん限界を跳ね上げていきたいと思います。

北島康介にとって『限界』はないそうです。
限界がないからこそ、どんどん上を目指していけるのだと、
自分の目指すべきものは常に上にあるのだと、
そんなことを言っていた気がします。

どんなことであれ、自分に自信のある人はかっこいい。

私の眼差しはどう見えているんだろう…。




◇◇◇本日は連続とび100回のみです(^_^;)◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇