FC2ブログ
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

社長っぽい仕事

2011.08.04 22:59|naoko@kisoji
本日はほぼ一日、税理士の先生との打ち合わせ。

実は、代表権が移ったのと同時に税理士の先生が変わったので、
何かと打ち合わせが多くなりそうな予感。

税理士の先生って、会社の決算組んで頂くための存在って
思っていたようなところがあったけれど、
(決算組んでいただくのも重要な仕事ですが…)
今回、代表者変更とか父の相続の問題とか、
税理士の先生のお世話になることって、山の様にあるんですね。

何で税理士の先生を変えたかってのは、
なかなか書きにくい部分でもあるので割愛しますが、
要は、親身になって話の出来る相談役としての存在であり、
会社の運営の手助けをして頂きたいなってのが、
私が税理士の先生に求めることかな。

ただ、マネジメント的な事は求めていなくて、
会社の実情を実情により近い形で把握をすることで、
それを会社運営の基礎的な柱として
役立てていきたいってところでしょうか。

以前の先生は、ウチがみなし法人だった頃からのお付合いで、
会社設立だったり、私の曽祖父の相続の手続きやらも、
みんなみんなお願いしていた先生だったんです。

まぁ、ウチの会社の歴史を知っている方と言っても
過言ではないとは思いますが、
ただただ、今会社経営もハードルが高い状況で、
昔のようなある意味どんぶり的な考え方では乗り越えられず、
ひとつひとつの事績をシビアに分析出来る状況を作り、
できるだけオンタイムで把握をしていける必要があるんです。

酒造業って、冬季半年間で1年以上分の製造を行うので、
在庫とか仕掛品とかの扱いが難しくって、
決算組んでみないと会社の現状が正確にはつかめなかったりして、
月次でトレースすることが難しいんです。

商品アイテム別の原価も算出するのが難しかったりして、
今頭を悩ませていることのひとつです。

そんなこんなで、私の想いをより会社経営に反映する為に、
前向きな気持ちで税理士の先生を変えたのでした。

長いお付き合いの先生でしたから、
今回の世代交代のタイミングを逃したら、
なかなか変更は難しかったかもしれませんね。

これが吉と出るか凶と出るかは私には解りませんが、
とにかく何でも動き出すことがまずは肝心!ってことにしています。


人気ブログランキングへ
一歩一歩前進あるのみ。
一日一日が深く意味のある日々ですね。