fc2ブログ
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ご無沙汰しております。

2012.03.19 11:24|naoko@kisoji
酒造りの蔵籠りが続いていると思ったら、
あっという間に3月も中旬となってしまいました。

蔵の周囲の景色も様変わりし、
あと1カ月もすれば、木曽の遅い桜も芽吹き始めるかと思うと、
季節の移ろいは儚いものだな…とも思ってしまいます。

日差しもまろやかで、ほんのり甘味を感じる様にさえ思います。

お酒造りはと言うと、残すところ仕込本数はあと4本。
上槽はあと15本程度でしょうか。

毎年、全力投球で向き合っているお酒造りですが、
この春先になると、やり残したことや、
いい結果にならなかったこと、もっとできたのに!って思うこと、
反省点の方が多いんですが、様々な想いが交錯して、
「あーもう終わっちゃうのかー。」なんて感じます。

でも、今季一番感じたことは、
「お酒は人によって醸されているんだな!」ってこと。

22BYと23BYでは酒母を管理する酛屋さんが変わりました。
私の基本的な考えとしては、
微生物たちの活動に手を添えてあげるのが造り手の役割!なので、
人が変わってもそれほど変わらないのでは…と思っていたのですが、
酛屋さんが変わったことで、酵母が生き生きとしたというか、
とても素直な酒母が育つようになった気がしています。

結果として、出来上がったお酒にも良い影響が出ており、
厳密に言えば、何がどうで…と原因もわかっている部分はありますが、
でも微生物のことだから原因が解らないこともあったりもします。

要は、最初に書いた通り、「人によって醸されている!」んですね。
いかに、微生物たちが健やかに生きられるか、
人ができることって、それだけなんだけど、大事なんですね。

取り留めのない日記になってしまいました。
あと1か月半程度の酒造り期間、大切に過ごしたいと思います。


人気ブログランキングへ