fc2ブログ
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

大事なご報告

2012.04.20 21:18|naoko@kisoji
株式会社湯川酒造店

ここまで、私の自我が強いが故に、
様々な不整合が起こっていました。

女性杜氏!湯川尚子!!

なんて、皆さまからご贔屓にしていただき、
応援していただき、とても感謝しております。

私は、杜氏ではなく社長です。
社長になる前までは、杜氏見習でした。

いずれにせよ、杜氏ではありませんでした。

(注:杜氏とは蔵人の事ではなく、その総責任者の事を表します。)

ですが、現在の湯川酒造店の酒造りを主導している自負はあり、
しかし、ベテランの杜氏さんが実際には存在し、
お客様に対しても社内に対しても、
説明をつけにくい状況が横行していました。

そもそも、女性杜氏とお客様が表現してくださるようになり、
現実的に見ても、技術者として真の「杜氏」にないたいですから、
帳面から計画から蔵の蔵の統制から
ほぼすべての仕事を請け負っているんだし、
杜氏って言われて否定しなくてもいいよな!って。

でも、その中途半端な態度がいけなかったのです。
私は決して「杜氏」ではなかったのですから。

本日、皆造祝い兼杜氏の送別会を開きました。
そう、今まで20年以上お世話になった杜氏に、
今季限りで湯川酒造店の酒造りを
引退していただく事に決めたのです。

酒造りに対する想いがずれるのは
経験や年代が違うのですからしかたありません。
私のプライベートな事情で、
主人が次期杜氏に就任するのも確かです。

でも現実を見たときに、
先を見据えた酒造りができる体制に、
少しでも早く落ち着きたいというのも、
正直な気持ちです。

いろんな感情はうずまきますが、
湯川酒造店、
今季で小谷杜氏花岡今朝雄の時代が終了しました。

来季からは、新進気鋭杜氏丸山慎一で再スタートです。

どうであれ、前進あるのみ。
社長は焦っているのです。
でも、焦らないのです。
一歩ずつ。