05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

酒粕

2013.06.12 17:44|naoko@kisoji


そろそろ酒粕の季節がやってきます。
と言っても、まだ少し早いでしょうか。

2年程前、酒粕人気で冬の板粕が沢山売れましたが、
この冬は少し落ち着いて例年プラスαと言った売れ行きでした。

夏粕もは大きなコンテナ18本に分けて踏み込んでありますから、
状態の良いものから順に袋詰めをしていきます。

最近では、瓜とかキュウリとか、
粕漬けを自宅で作る家庭も減っては来ていますが、
まだまだ田舎では漬物は食卓の常連さん。

特に粕漬けは重宝されますね。

地域によって、求められる酒粕の状態も微妙に違い、
木曽は比較的やわらかい酒粕でも受け入れられます。

それが、お隣の伊那谷に行けば、
カチカチに硬い酒粕でなくてはいけないと言うのですから、
やはり長野県の文化は谷ごとに大きく違うんだなと実感します。

野菜の出来によっても酒粕の出荷量は変動します。
今年は梅雨に入っても雨が少ない天気ですし、
野菜の出来が少し気になるところですね。




ところで、酒粕が冬の板粕と夏の踏込粕の2種類あることを
あまりご存じない方もいらっしゃいますので、
簡単に説明をしておきます。

冬の板粕は、醪をしぼると、液体と固体に分かれます。
液体の部分が日本酒で、個体の部分が酒粕です。

薮田式醪圧搾機と言う名の、アコーディオンの様な
お酒をしぼる機械を使ってしぼることがほとんどですが、
その板と板の間に、個体の部分が残ります。

それを剥がしてそのまま袋詰めしたものが板粕です。
お米の粒や麹の粒が溶けずに残った部分で、
その他には酵母もまだ生きた状態で存在しています。
麹由来の酵素も酒粕の中にもたくさん存在します。

お米や麹由来の栄養成分もアミノ酸の形で存在します。

だから、とっても健康にいいですよ!と言うことで、
酒粕がたくさんうれたのですね。

板粕は、そのまま焼いて食べたりお味噌汁に入れたり、
お魚を漬け込んだり、粕汁にしたり、
色んな楽しみ方があります。

ですが、冬~春限定の商品です。


そして夏が近づくと、各蔵から一斉に踏込粕が発売されます。

この踏込粕は、その名の通り、
冬の板粕を大きなコンテナの中に細かくして入れて、
それを上から踏み込んで熟成させるのです。

粕の中に残っている酵母や酵素の働きで、
日が経つごとに柔らかく熟成されていきます。

板粕は白くてきれいな色をしていますが、
踏込粕は少し茶色がかったピンク色になります。
香りも変化してきて、芳ばしい印象になります。

で、その踏込粕にお砂糖やお塩や、
地域によっては焼酎や日本酒を混ぜ込んで、
瓜やキュウリやその他の野菜を漬け込むのです。

同じ酒粕ですが、
季節によって、味わいも違えば用途も違います。
これからは踏込粕の季節。

地域の酒屋さんやスーパーにたくさん並ぶことでしょう。

ウチの酒粕は、比較的柔らかいですが、
とても風味がよくてご好評をいただいております。

夏野菜と酒粕。
これもまた夏の風物詩かな。


人気ブログランキングへ
ウチは少し早い目準備。7月に入れば、各蔵から出揃うでしょう!

背中が押されるよ

2013.06.03 21:34|naoko@kisoji
とある大塚の地酒屋こだまのたけさん。

湯川酒造応援3daysたる企画をして下さり、
5月のとある3日間、とても素敵な素敵な、
それは幸せなお酒の会を開いてくださいました。

ご存じのとおり、火災に遭った当社でありますが、
そんな私たちを応援しようと、
お酒の会を開いてくださいました。

1日目、神田 醇 さん
2日目、大井町 のぼる さん
3日目、大塚 きの字 さん

どのお店も、お料理にもお酒にも真摯で、
店主の方のお人柄もよく、
何よりも、暖かい気持ちになれるお店です。

何て言うか、私たちは心温まる皆さま、
お客様に支えられてここに居られるのです。

3日間で80名近いお客様が、
私たちの醸した九郎右衛門・木曽路を堪能してくださり、
暖かいお言葉をたくさん投げかけてくださいました。

「鼻っ柱が強い」とか、「歯に衣着せぬ」とか、
意地ばっかり張っていて、生意気な小娘で、
何も自分一人じゃできない癖に、
ただただ強がっていた私でした。

結婚して、相手があることを意識し、
「共に歩く」ことのバランス感覚を、
うまくうまく経験しながら、今に至ります。

今回の3回の会では、
初めてお会いする方が半数以上、
そして長く私や九郎右衛門を見てくださっている方が、
たくさん参加してくださいました。

私自身以上に、私のことを感じ取り、
「あの頃は目つきが怖かったよ」なんて言われたり、
ひとりで逼迫して、焦って、意地張って、
何をどうしていいかわからなくて、
とにかくがむしゃらだった頃の私を、
遠く懐かしい目で見てくださるお客様も多数。

たくさんのご縁に囲まれて、
「湯川尚子」と言う一個人が、
「湯川酒造店」と言う一法人の代表になって、
多少は成長しつつも、まだまだガキんちょで、
でもたくさんのたくさんの笑顔に包まれ、
暖かい言葉に包まれ、
私はなんて幸せなんだって、
時間が経った今でもじわじわと感じられてくるのです。

たけさん、本当にありがとうございます。
私が出会うすべての方に、ありがとうございます。

今、とても自信がなくて、
本当に逃げ出したくて、仕事が手につかなくて、
どうしていいか、実は解らなくなっています。

でも、たくさんの皆様の笑顔を思い出し、
暖かい酒宴を思い出し、
踏ん張って、気張って、自分らしく。

自信なんてなかなか持てないけれど、
でも社長であるからには自信がないといけない!
自信がある様に、見えてなくてはいけない!!

「がんばる」ってあまり好きな言葉じゃないけれど、
でも、今は自分に「がんばれ」って言葉が一番向いていると思う。


1日目 神田 醇 さん にて


2日目 大井町 のぼる さん にて


3日目 大塚 きの字 さん にて


人気ブログランキングへご縁に感謝です