FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

16代目としての私がやるべきこと。

2019.06.17 17:01|naoko@kisoji
そんなタイトルだと、とても大げさではありますが、
最近、私しか出来ない役割みたいなものが、
なんとなく見えてきています。

2020年に酒業370周年を迎えるに当たり、
主に湯川家の振り返りの機会を作ってきています。

村の歴史研究家の方(御年86歳)に、
色々お聞きしたりして、
湯川家が木祖村とどの様に関わってきたのか、
酒造りはどの様に続いてきたのか、
造られた酒はどうやって流通して、
どんな人が飲んできていたのか、

そんなことをインプットしてきています。

特に12代目、13代目は村作りに大きく貢献していたようで、
経済的、文化的資料もウチには多く残っています。

これまでも色んな話を断片的に聞いてきてはいましたが、
特に13代目は文化人(歌人)だったために、
多くの資料を日記として残しており、
また多くの方々との交流の記録が、
作品であったり手紙であったりと、残されています。

14代目、15代目は残念ながら早くに他界してしまい、
私が実際に伝聞として知り得たことは限られてしまいましたし、
彼らの手で何かが整理されて残されているかというと、
そこまでには至っていないのが現状です。

湯川家だけではなく、木祖村に点在する貴重な資料は、
歴史研究家の先生の手である程度保存はされているものの、
まだまだ不十分だということもお聞きしましたし、
貴重な資料が残されている家が空き家になっていたりもします。

ウチのすぐ近くに貴重な家が残されているので、
私に財力があれば、そこを取得して価値を残していきたいのですが、
そういうわけにもなかなかいきません。

ついでに、薮原の街並みの活性化に、
ウチの古民家とともに活用できるのではないかと、
勝手に考えを巡らせたりもしています。

もちろんそちらの持ち主の意向もありますが、
村の空き家バンクを通じて売りに出ていたこともあったので、
手遅れになってしまう前に、と勝手に焦っています。

経済的文化的資料の保存は、
やはりしっかり行わなくてはならないと思うので、
まずは、ウチにあるものを整理し直し、
適正に保存できる様にしなくてはなりません。

そして、文章なりで残していかなくてはなりません。

16代目の私の役割としては、
今わかっていること、そしてまだわかっていないこと、
情報が整理されていないことも含めて、
「残し、伝える」ことを考えていくことなのでしょう。

ハードルはとっても高いのだけれど、
歴史を振り帰り理解し伝えることは、
必ずや未来につながることだと感じます。


IMG_1594.jpg

ちなみに、この賞状は昭和38年の関東信越国税局の品評会のもの。
湯川寛雄は13代目、私の曽祖父ですね。
この頃の銘柄は「菊水」。
これでは個性や地域性が出ないと、
14代目の祖父が「木曽路」の銘柄をつけてくれました。

古い賞状ですが、しばらく掛けておこうと思います。

人気ブログランキングへ