FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

シリーズ『吟醸』その(3)

2008.04.01 23:58|naoko@kisoji
そんなわけで、やたらめったら長い記事になってしまいました。
最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。

ここ1週間程度はそんな感じで『吟醸』に対して悶々と考える日々。
杜氏や頭に生意気承知で前回書いたようなことをつらつらと話してみました。

まずまずの反応ってところでしょうか。
『まだそんなこと提案するには早すぎるっ!!!』
と怒られるわけでもなく、
『確かにそうだよなぁ、まだまだ出来ることは山ほどあるよなぁ。』と。

前向きに色々なことを考えてもらえるようで、ホッとしました。

ホントは杜氏から『尚ちゃん、来季はこうしよう!!!』
と言ってもらいたい気持ちもありますが、
杜氏は杜氏でそれなりの考えがあってのことなのでしょう。

頭も、寡黙な人で口数が少なく、
なかなか考えていることを読み取るのが難しいのですが、
それでも正直に思っていることを伝えると、
すっごく的確な応えが、端的に返ってくるのです。


で、4月15日は松本で行われる『吟醸を楽しむ会』があります。
秋の『ひやおろしを楽しむ会』新春の『しぼりたてを楽しむ会』に続き、
3度目の企画です。

私も『自慢の吟醸を携えて意気揚々と参加しますっ!!!』
と言いたいところですが、
ここでグチグチ書いているのでお察しの通り、
満足できていない吟醸を携えてお客様の前へ行くのが、
どうしても乗り気になれていなかったのです。
他に参加する蔵元さんは素晴らしい吟醸を造っているので…。

と言うわけで、参加を辞退しようと申し出てみたのですが、
幸い、事務局のおばちゃんに言いくるめられ、
やっぱり参加することにしました。

ホント幸いだったと思います。
このまま、出来に満足できていないのを理由に会の参加を辞退していたら、
結局は自分の酒の現状を目の当たりにすることなく終わってしまうのですね。

県の鑑評会では専門家の評価をいただいたので、
今度は一般消費者の方々の評価をしっかりいただいてきたいと思います。



◇◇◇出品も終わり、蔵のお掃除に集中できそうです◇◇◇
◇◇◇今年の造りが無事に終了できることに感謝を込めて◇◇◇
◇◇◇丁寧に道具を洗いたいと思います◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇

コメント

ファイトです!!

アツいですね。素敵ですね。

キレい系で春先にそれなりの味乗りをさせる、
『出品酒』が最高とは思いません(好きだけど)が、
それが造れる(蔵出し後まで含め)という
その技術の有無は、大きいと思います。

僕の趣味もそうですが、徹底した理論の研究、
データ蓄積とその自己分析&比較分析
が、失敗を糧にするんじゃないでしょうか!?

ファイトです!!

≫ヤブハラボーダーさん

ありがとうございます!!!『徹底した理論の研究、データ蓄積とその自己分析&比較分析』この部分って、ジェネレーションギャップをかなり感じます。昔からの人にとっては、『経験と勘』がものを言うことが多く、はじめに『学問と実際は180度違うからな。』ときつく言われたのを覚えています。確かにその両者は違うものだとは思いますが、伝統技術であっても『理論やデータ分析』は少なくとも必要なものですよね。『経験や勘』があってこそ、『理論』がより成り立ち、『分析』できるのだと思いました。

役割?

そうですねー、たしかに『経験や勘』は非常に重要だと感じます。
情熱の蔵元杜氏のお酒もいいですが、熟練の杜氏さんのお酒は本当に素晴しいものがあります。

しかし、経験を理論で裏打ちすることで更なる向上を図れる、
という側面があることも実感しています。
また、それを担うのが若い世代の役割なのかもしれません。

パトスを伴ったロゴスはきっと経験のある上の世代にも響くはず!!

あの「三割麹」の蔵の本気の出品の吟醸(やはり“純米”大吟醸?)。
うーむ、とても飲んでみたいっす。

長文失礼しました。

≫ヤブハラボーダーさん

三割麹純米酒、飲んでいただいてるんですね。ありがとうございます。あのお酒って、出品酒からは180度反対にあるお酒だと思います。でもその良さを出品酒の土俵に於いても求められたらな~なんて感じます。やはり、行き着くところは『"純米"大吟醸』でしょう。
若いだけ、情熱だけではいい酒は造れないと思います。そこには熟練した技が絶対に必要なんです。でも熟練した技はもうすでに出来上がったものであり、それ以上向上していくことに対してはもしかしたら疎くなってしまっているのかもしれません。
私自身が目指す酒造りとは『温故知新』に尽きると思います。熟練の技をいかに盗んで、自分の技としていくか。生意気なこと言っていますが、若さとは結局『とにかくやってみるパワー』なんだと思います。ヤブハラボーダーさんのコメントを読んで、改めて自分の考えに整理がついたし、より前向きになれたような気がします。本当にありがとうございます。
非公開コメント