fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

えらいこっちゃ。

2008.06.05 21:12|naoko@kisoji
長野県原産地呼称管理制度と言う制度が5年前より実施されています。

皆さんも、長野県の日本酒やワインでこのようなマークご覧になったことありませんか???




我が木曽路のお酒も、

☆特別純米酒
☆三割麹純米酒
☆特別純米大寒仕込

などの純米酒で、毎年認定をいただくことが出来ております。

この制度では、農産物の原料や栽培方法、飼育方法、味覚による区別化を行い
「長野県で生産・製造されたもの」を自信と責任を持って消費者にアピール、
消費者の信頼を得ながら生産者の生産意欲を更に醸成し、
長野県産農産物のブランド化を目指しています。

て言うような意図の下始まった制度なのですが、
(以前にも書いたことあったかな???)

要するに、日本酒の場合で言えば
『長野県で獲れたお米を使い、長野県の水を使い、
そして長野県で醸された純米酒』がその認定対象になっているのです。

とは言っても、色々な問題点や今後の課題なども山ほどあるのがこの制度です。

まぁ、一蔵元の力だけではでき得ないことを、
長野県と言う行政が動いていることなので、心強いものではありますよね。

と言うことでですね、
本日その制度関連の会議に出席してきたのですが…。

えらいこっちゃ!!!


長野県原産地呼称管理制度・日本酒流通販売部会とやらの
委員に選ばれてしまったのです\(◎o◎)/

要するに、この制度をよりよいものにし、
長野県の日本酒の底上げにもっともっと貢献していこうってことなのです。

長野県でも大大大先輩の社長さん方々と共にです…。
私の経験なんてまだまだちっぽけなもので、
業界の状況とかだってまだ解っていないことも多々あるのに。

でもまぁ、選ばれたからにはきちんと自分の意見を持って、
しっかりと取り組んでいかねばですね。
経験則で話をすることはできませんが、
日々感じていることを意見として発表することは出来ると思います。
私の目線ってのも、又ベテラン社長さんたちとは違うと思うので、
それはそれで役に立ってくれればいいな~。

ってなわけです。


何だかここ最近、すっごく大きな目線で日本酒と言うものを捉えていける場面に、
出会うことが出来ていると思います。

木曽路や十五代九郎右衛門のブランド力を上げていくのは、
湯川酒造店のユカワナオコとしての仕事であり、
日本酒の底上げを図っていくのは、
日本酒を生業としている一人のユカワナオコとしての仕事なんだなって。

そんな大それたことを言うほどの力をまだまだ持ち合わせてはいないでしょうが、
日々の経験を基に力を発揮していければなと思いますね。




◇◇◇昨日の夜は夢の中でも利き酒していました◇◇◇
◇◇◇夢なのに酒の味を感じたんですが!?◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!! ◇◇◇

コメント

No title

いよっ!若い衆!!
大先輩の方々のなかでも、ひるまずに自分の素直な意見を言ってくださいね。大先輩がたも、きっと若い人の意見を聞きたくて委員になってもらったのだと思いますよ。
それでも、いろいろなやっかみや、批判もたくさん出てくるでしょう。負けないでね。
ちょっとだけ、意見言いの先輩からのご注進。

No title

えらい事ですなぁ~~

今まで以上に自分の言葉に責任を持つようですな~~

まぁ尚ちゃんの事だからその辺はクリアーでしょう。
高い次元から長野を見渡す事になるのだから、木曽路にとっても良い展開が出来そうですなぁ~
(笑)

≫ittokuさん

お返事遅くなりました(T_T)ありがとうございます。自社での仕事だけではなく、組合や行政の皆さんと一緒に仕事させていただけるって、自分の視野を広げる意味でも、本当にいい機会だなって思います。でも会議って緊張しますね(^^ゞ

≫トキさん

しゃべりだしたら止まらないのが玉に瑕の私です。しかもえらっそうに自分の思ったことをぺらぺらと(・_・;)まぁ、さすがに会議ではそんなに話せませんが、でも自分の考えを言葉にすることって、blogもそうですが、自分自身の考えの整理になるので、本当にいいことだな~って感じます。
非公開コメント