fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ご無沙汰しておりました。

2008.11.27 21:41|naoko@kisoji
何だか、試練なんていう大袈裟な言葉を使い皆さまにご心配をお掛けいたしておりました。

コメントを頂きました皆さま、お返事もしておらず失礼いたしました。

事の詳細はといいますと、
実は20BYの湯川酒造は10月末より新体制で始まっておりました。

これまで杜氏として湯川の酒を醸してきた下さった鷲澤氏も70歳を過ぎ、
頭としてず~っと一緒に酒造りをしてきた花岡氏も60歳に近くなり、
そろそろ杜氏を交代してもいいんじゃないかということで、
今季は鷲澤氏を親方として、花岡氏を杜氏として新体制で始まったのです。

とは言っても、親方として今年は現役で頑張っていただくはずで、
私も自分の経験の為にも麹屋を志願して代わってもらったとは言え、
それは親方がそばについているからこそ出来ることであったのです。

指導してもらいながら、自分の感覚を身につけていこうと。

ところがどっこい、その親方が家庭の事情で今季一切来れなくなってしまったのです。

私だけでなく、新杜氏自身も実のところ親方への気持ち的依存度は大きく、
特に私は麹の仕事を全く一人で管理していくことになってしまい、
一気にプレッシャーがのしかかり、自信をなくしてしまっていたんです。

そんな中で、麹作りに一生懸命になればなるほど、
本当にうまくいかなくって、
夜中も麹室行ったり来たりしても答えは見えず、
麹菌の声なんて、どんだけ耳を傾けても私には聞こえてこなくって。

必死になればなるほど、麹菌はまったく思わぬ動きをしていたり。

そうは言ってもくよくよしている時間はなく、
始まってしまった酒造りは進んで行き、立ち止まっている暇もないんですよね。

親方が来れなくなって約2週間。

私も新杜氏もより多くの話し合いをするようになり、
ひとつひとつのことに対してゆっくり立ち止まり考え、
進めていくようになりました。

親方がいなくなってしまったことは、本当に寂しく、
先日時間を作って自分の部屋や机を片付けに来た親方の表情はとても無念そうに見え、
もっと別の終わり方が出来なかったものかと今では思うけれど、
それは考えても仕方のないことであって、現実なのですね。

親方には申し訳ないですが、
今この現実をチャンスと受け止め、
新杜氏とともに様々なことに取り組んでいければいいなと、
今ではとても前向きな気持ちになりました。

麹作りも、相変わらずうまくいかない中にも、
少しずつではありますが、うまくいくような兆しが見えてきたような気がします。

そうこうしているうちに、先日いよいよ初しぼりを迎えました。
一本目の醪は毎年色々と不安があるものですが、
今年の一本目、普通酒、なかなかのいい酒になりました。

これから醸される50本の醪、本当に楽しみでわくわくします。

とは言え、やっぱり20BYは私にとって試練なのでしょう。
これを乗り越えることで、
一歩酒造りの職人に近付くことが出来るのかもしれません。



◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!!◇◇◇

コメント

がんばろ

また大きく成長した尚ちゃんに
会えるのを楽しみにしています。
悩んで悩んで
悩んだ分だけお酒にも深みが生まれてくるのかも。
お互いがんばりましょ。
毎年一年生なんだから。

応援するのダ

そんなことになっているとは知りませんでした。
大変じゃないですか。
でもアナタなら乗り越えることができます。必ず。
新しいチームのお酒でまた世田谷で試飲会をやりましょう。お手伝いしますよ。

No title

「男の隠れ家」P147見たよ
三割麹飲みたいな

No title

私の場合「同行」だとか「研修」ではわかったつもりでも、いざ放り出されてさあ営業いってこい、さあひとり薬剤師ですよ、となって初めて目が覚めてアンテナが張ったのを思い出すわ。
「わかりません」といってられない現実にただ懸命になったからこそ、初めて歩き出したような気がする。

もちろん尚子さんの一歩は私の一歩より突然で大きく深く、そして苦しいものだろうと思う。ここがふんばりどこなんだろうね。

尚子さんと、湯川酒造のファンは、いつも応援しているよ。

≫米子さん

ありがとうございます!!!
いい深みとしてお酒に表現されればいいなと思います。
でも、今季は今まで以上に楽しいですね♪
悩みながらも、自分の手で造り上げている感覚が強くなりました。

≫bleuさん

ありがとうございます!!!
私なら乗り越えられる。
そう、自分自身で暗示を掛けて向き合っています。
春、いい表情の酒を味わっていただきたいものです。

≫☆じゅんじさん

早速、ご覧頂いてありがとうございますm(__)m
雑誌の取材はいつになく緊張します。
今の時期の三割麹、いい感じに旨くなっています♪

≫てこさん

『「わかりません」といってられない現実にただ懸命になったからこそ、
初めて歩き出したような気がする。』

ホント、そうですね。

何かに頼っている間は、自分の本当の力にはならないんだろうな。

この手で酒を醸している実感。
悩みながらもその実感が湧いてきたと言うことこそ、
いい酒造りに繋がる第一歩なのかな、と感じます。

先輩の前では強がって、肩肘張って踏ん張って、
影で落ち込んではリトライしていた新人の頃を思い出しました。
非公開コメント