FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

米作り!

2009.07.02 22:16|naoko@kisoji



↑↑ この田んぼ、白樺錦です。
ここ木祖村では、低いところでも950m程の標高があります。
もちろん、田んぼのある土地もそれ以上。

現在長野県で汎用されている主な酒米の生育適正は、
美山錦で~700m程度。
白樺錦で~850m程度。
ひとごこちも~700m程度だったのではないでしょうか。

ということで、木祖村ではそもそも標高が高すぎて、
酒米の栽培に不適なんだろうって、
地元の農家さんに作っていただいてこなかったんです。

でも、ここのところ温暖化で、冷害も少なくなってきているなんて話で、
もしかして、ここ木祖村でも酒米作れるんじゃない???って。

それで、今年ヨネシロを作っていただいている農家さんの一人に、
1反歩だけ白樺錦を植えて頂いたのです。




で、上の写真はその白樺錦の様子です。
すくすく育っているように見えますが、
籾の量が少なかったと言うこともあり薄撒きで、
すこ~し弱々しく感じているそうです。

が、これから梅雨時期を越えて、気温が上がって、
ずんずんと成長してくれることを期待しています。

確かに、隣のヨネシロの田んぼと見比べると、
稲の色も少し黄色味かかっているし、葉の幅も狭いかも???

↓↓ こちらがヨネシロ。




白樺錦は田んぼへ水を入れる際の稲の写真を取ってしまったし、
写真の角度も違うので、解りにくいかもしれませんが、
やっぱりヨネシロは稲も緑が濃く、葉の密度も濃かったですね。

そればっかりが良いわけではないですが、
ヨネシロと言うお米がいかに強かったのかと言うことを、
今日見比べただけでも感じることができました。
(この他に、あきたこまちの田んぼも見せていただいたので。)

どの稲も、田植えの時期はそう大きく変わらないそうなので、
やっぱり稲の性格ってのがあるんだなって思いました。

何はともあれ、この田んぼの白樺錦がうまく育ってくれれば、
来年度か、若しくは再来年度から、
木祖村でも広く白樺錦を作っていただけるように、
動いて行きたいなって思います。

結構、お米作りたいって言ってくださる方は多いんですよね。
今、跡継ぎがいなくて、田んぼをもうあと何年も続けられそうにないって、
そんな農家さんも増えてきてはいますが、
一度田んぼを荒らしてしまうと、復活させるのも大変なので、
作り続けられるものなら、田んぼを荒らしてしまわずに作っていく方が、
やっぱり望ましいようですね。

私も、来年度あたり、自分に余裕が出てきたのなら、
そして、やり通せると言う覚悟ができたのなら、
ベテランの農家さんに教わりながら、
米作りにもチャレンジしていけたらなって考えています。



◇◇◇酒造りは米作りが原点!かも。◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!!◇◇◇

コメント

No title

初めまして。
山梨で純米狂という細々と日本酒の会を開催しているtakezoと申します。
昨日拙会にて「十五代 九郎右衛門 特別純米酒」を戴きました。
芳醇な香りと酸味がありとても美味しいお酒ですね。
これからもますます美味しいお酒を造られますよう
頑張ってください。

≫純米狂@takezoさん

はじめまして。コメント、ありがとうございますm(__)m
blogとHP、楽しく拝見させていただきました。
十五代九郎右衛門が山梨県まで出張していたなんて驚きです!!!
ありがとうございます。
自分自身、適度な酸味と甘みのバランスが
お酒の旨いところかなって思いながら、酒造りをしています。
これからも、日々精進して参りますので、
どうぞ、応援よろしくお願いいたします!!!
非公開コメント