FC2ブログ
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゴール

2009.07.06 21:29|naoko@kisoji
ゴールが見えない。
見えないのも当然ですが。

最近は自転車やマラソンなど、
自分自身に打ち勝つスポーツ人口が増えているって、
テレビでやっていました。

それって、とっても素晴らしいことです。
ゴールを目指して、自分を奮い立たせ、
辛さを乗り越えて達成した時の充実感。

今の私には、何に充実感や達成感を得ればいいのか、
いまいち解りません。

ひとつひとつが、大きな目標に向かいすぎていて、
これだ!って言う充実感を得られないでいます。

もちろん、醪一本一本には達成感があります。
次への課題も見えてきます。

でもそれって、マラソンとかで言ったら
次の電柱まで頑張って走ろう!
前の人には負けずに走ろう!
って言う感覚と一緒なんじゃないかなって。

最終的に、ゴールテープを切るまで、一体どれだけ走ればいいの???
走り続けさえすれば、必ずゴールにたどり着くって。

今の自分、たぶん道は間違っていないと思います。
コースから大きく外れているわけでもないんだと。
でも、それは大まかな方向性だけであって、
その向かう先に何が待っているのか、
何に向かっているのか、ちっとも見えてこないんです。

じゃぁ、そのコースを誰が作っているのか。
それは自分自身だと思うんですが…。
でもやっぱり今の私にはゴールまで考えつかないです。

いいお酒を造って、湯川酒造を次の代に繋いでいく。
それは解るし、自分で一番納得していることなんだけど、
そこに向かうまでにY字路が多すぎるんだと思います。
まだ出会うことのない道のY字路。

だからやっぱりゴールが解らない。

そんなこと言いつつ、
自分の中では解っているのかもしれないけれど、
今日はやっぱり解らないなぁ…。

はぁ、すいません。
愚痴っぽいですね。



◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!!◇◇◇

コメント

No title

競技者だって1レース毎のゴールや目標があったり、夢や大きな目標があったりしても、『自分のゴール』って見えてるわけじゃないと思うのです。
手を抜かず、自分を賭けていくだけだと思うのです。

少なくとも、自分はそうです。

クサイいコメントですみません。

頑張ります。

難しいですね、やはり蔵主になられる方なので、連続金賞、プレミア、売上アップがゴールでしょうか?


酒造りは子育て(子供はいませんが)に近いような気がします、東大卒エリート優秀な子供か勉強はあまりできないけど優しく思いやりのある子供。
酒に例えれば後者の日本酒が飲みたいです( ・∇・)
なんの知識もない僕が偉そうに<(_ _*)>すいません
また、わからない事があれば教えてください

ないかも

ある意味
ゴールは無いかも


ただ
通ってきた道のりを振り返り

先に進んだら


とも思います。
けど

ゴール

剣道の先生に教わった言葉

「千日をして初心を終え、万日をもって達す」

≫みなさま

皆さま、コメントありがとうございます!
ひとつひとつの小さな目標達成が、大きなゴールに向かっているのかな。

自分で、『これが私のゴールだ!』って思える時ってのは、
大袈裟だけど、死ぬ直前に自分の人生に満足できたか、
振り返った時なのかな…なんて。
それまでは、もしかしたら本当のゴールは見えないのかもしれないなぁ…
と思ってみたりもしました。

社会人になってからず~っと戸惑っていることのひとつが、
今回書いた『ゴール』についてなんです。
小学生の時はテストでいい点を採ったり、
マラソン大会でいい成績を残したり。
中学生の時は高校受験。
高校生の時は大学受験。
大学生の時は就職活動。
他には、陸上をやっていたり、
ラクロスをやっていたりして、
試合に勝つことやリーグ昇格することや、
社会人になるまでは、目に見える目標がありすぎたんです。

で、社会人になってみると、『卒業』ってことがまずないなって、
すっごく焦った時期があって。
まさに、自分自身との勝負なのかな~なんて考えてしまうと、
どこに向かっていけばいいのか、
ホントに解らなくなってしまう事が何度もあったんです。

それが、今になってまた不安になってしまったのかな。
こんなにもやりがい溢れた仕事に出会えて、
一生の仕事にできるかも!って思うようになったのに、
だからこそ、一生ゴールが見えない恐怖感に苛まれてしまって。

一歩一歩足元を確かめながら進んで行きさえすれば、
遠くを眺めたときにゴールが見えなくても、
道筋さえ見えていれば怖くないのかな。
まだまだ精神力の弱さを感じる今日この頃です。

≫ヤブハラ元ボーダーさん

コメント、ありがとうございます。
人生って、マラソンや自転車とかの競技の様に、
限られた距離や時間の中で完結するものではないんですね。
もちろん、競技者のみなさんも、
1レースだけで完結しているわけではないと思うのですが…。
最終的に見据えるものがない不安は消えませんが、
身近な一歩一歩をこれまで以上に大切に手を抜かず、
過ごして生きたいですね。

≫亀登りさん

コメント、ありがとうございます。
今の私のゴールって、金賞を獲ったりとかってのとは、
ちょっと違うような気がするんです。
確かに、金賞を獲ったり売上げアップってのは
会社としての格になる場合もあるのかもしれませんが…。
今はとにかく気張らずに、
自然体の酒を醸して生きたいなと思います。
その繰り返しの中で、自分や湯川酒造のゴールが見えてくるのかも???

≫トキさん

ないのかな~『ゴール』。
上でも書きましたが、
『ゴールってある意味ないのかも…』って、
そう思ってしまうことが、縋る藁をもなくした気分で、
やっぱり不安感に煽られます。
そんなことばかり考えていても先に進めそうにないので、
あまり考えないようにはしようと思います。
自分の足跡をしっかり確認しながら!デスネ。

≫riderさん

コメントありがとうございます。

「千日をして初心を終え、万日をもって達す」

まだまだってコトですね。

私も、もうすぐ30歳になります。
これから訪れる30代が楽しみでなりません。

20代に学び、培ってきたことを、
30代で発揮する!
30代って、そんな大舞台なのかなって。

色々と道のりは長そうですが、
その分、たくさんの経験をできると思えば、
すべて自分の為なのですね!
非公開コメント