fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

素敵な贈り物

2010.04.24 22:33|naoko@kisoji
今朝、結構早い時間に宅急便やさんが荷物を届けてくれました。

お、冷凍便だぁ!!!って早速開封してみると…。

なんと、マグロのカマと桜海老が。

先日遥々お越しくださった静岡の酒屋さんが、
お礼にと送ってくださったんですね♪

長野県はご存知の通り海なし県。
海あり県の皆さんには想像も付かないほど、
海と美味しい海産物への憧れが強いんですね。

で、海のそばの方にお会いすると、
ついつい、いいですね~海が近くて。
って言ってしまうんです^^;

山は山で、季節の山菜やきのこが豊富だし、
熊とかイノシシとかの肉も結構食べれるし、
昔は貴重な蛋白源になっていた蜂の子とか、
いわゆるゲテモノって言われるような珍味もあるし、
食はそれなりに豊富だとは思うんですが。

酒造りをする前に、愛媛県に住んでいたこともあり、
趣味がダイビングと言うこともあり、
(最近すっかり行っていないですが。)
やっぱり海って、計り知れない魅力があると思います。

潮の香りとか、波の音とか、
それだけで私には癒しの空間です。

と言うことで、長野県の家庭の食卓では
なかなかお目にかからないマグロのカマ。

家族三人で、美味しくいただきました。
本当にありがとうございました!(^^)!

マグロだし、1年熟成の木曽路特別純米酒でって思ったのですが、
九郎右衛門の特別純米9号酵母の加水生酒で。
火入れ前の状態で、1本だけ自分で買ってあったもの。

このお酒、なかなか瓶詰の予定が空かなくて、
生酒の期間が1ヶ月半もあったのです。
しかも瓶詰してから、火入れをするまでにもまた
5日ほどかかってしまい…。

蔵によっても考えはまちまちだと思いますが、
私としては、火入れはしぼってから2週間程度が理想かなと。

九郎右衛門の瓶火入れのお酒で、2週間から3週間で火入れできますが、
木曽路のタンク火入れのお酒は、1ヶ月も2ヶ月も掛かってしまいます。

その間、当然お酒の中には酵素が失活せずに残っており、
微量に酒質を変化させていくんですね。
グルコースの量も増えていくから、少々甘味が出てくると思います。

しぼった時にまだ硬い印象のお酒であれば、
生酒期間を長い目においたり、火入れ後に少し高い温度に貯蔵したり、
しぼってからのお酒の変化のコントロールって難しいですね。

と言うわけで、今年の九郎右衛門特別純米9号酵母火入れは、
少々生酒期間が長かったこともあり、
どっしりとしたボディを感じる酒質になっているかなと。
とは言え、昔のような後引く重さではないと思うんですが。

実は、火入れ用に仕込んだ2本のお酒が、
生酒用に仕込んだ最初の1本よりはキレが鈍くなってしまって。
たぶん、麹が弱かったのと、醪の温度管理のせい…。
酸度も例年よりも低くなってしまったし。
その上、生酒期間がこれでもかって長かったから…。

なので、飲み頃が実に早くやってくるような気がします。
これもまたひとつの表情、美味しい飲み方を考えたいと思います!!



◇◇◇ランキング復活めざします!!!◇◇◇
◇◇◇(((((人気blogランキング)))))参加中です!!!◇◇◇

コメント

お口に合いましたか?

こんばんは。
先日は、大変お世話になりました。

私、訪問記事がなかなか進まず、明日辺りにUP
させていただきます。
尚子さんは、海が好きなんですよね。私は、15分も車で走れば海ですが、行きませんね!
もっぱら山に向かうことばかりです。(笑)




≫こめこめさん

こちらこそ、何かとありがとうございました!!!
Blogも拝見しました♪

私の海好きは、単純にない物ねだりかもしれません^^;
非公開コメント