fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

先日に続き…。

2007.09.19 22:44|naoko@kisoji
先日に続き、アル添の話。

何だか、hotな時にhotな人は来るもので…。
今日の夕方アルコール屋さん(この呼び方は正しいのか…。)の
営業の方が会社に来られたのです。

社長とひと通りの話をした後、私が呼ばれ…。

『米アルコールには興味がありますか???』と。

正直ね、あんまり興味がなかったのですよ。
醸造アルコールなら米であろうが変わりなくな~い???ってなとこで。

でもまぁ、その人の話を聞くと。

『本当は純米にしたいけど、コスト的に難しいからせめて米アルコールを。』
『プロモーション的に有利だから米アルコールを。』
『大杜氏の8割はアル添酒の方が旨いと言っている。』
『純米を選ぶのは表現し易い安心感があるからだけだ。』
『米アルコールはその他醸造アルコールに比べ、味に違いがある。』

などなど…。

『へぇ、そうなんですかぁ。』なんて聞きながら、
随分と年上の人に向かって楯突いてしまったんですね~(^^ゞ

先日も書いた様に、アル添自体を頭から否定する気はないんです。
ただね、だからと言って、米アルコールだから云々てのはね。

せめてもの救いで米アルコールを使うのであれば、
最初からアル添なんてしなければ…なんて。
自分が消費者の立場に立った時に、やっぱり純米だって思った…なんて。
アルコール売って商売している人に対して失礼だったかしら。

ただ今のうちの蔵には全量純米にできるだけの基盤も、
財力も、そして勇気もないのですね。
だから、そんなでかいことを言いながらも、実践できず。
もとより、アル添に対して考えが及ばず…。
(間もなく始まる造りでの純米についてで頭がいっぱいで…。)

その人にも言いました。
私はまだ2年しか造りを経験しておらず、
今年の造りで自分の気持ちの整理をつけようと。

そういうつもりで取り組もうと考えています。
だからと言って肩肘張りすぎてもいい結果は出ないでしょうが。

なので、私が憧れ慕う蔵元さんたちのように、
自分のポリシーや酒に対する愛情を自信を持って語れるまでには、
もう少し時間をいただければと思います。

よく、『君の目指したい酒が見えにくい。』なんて言われましたが、
今は正直、大雑把な目標はあっても、
自分の言葉で自信を持って表現できるまでには至っていないんですね。
(今日もそんな様な事、アルコール屋さんに言われました。)

今現在のうちの酒は大好きです。
でも、やっぱり気になりながら飲んでいることも多々あります。

【何が旨いのか、何が売れるのか、何が本物なのか。】

目指す方向性によって、答えはきっと変わってくるのですね。

今の酒の長所を最大限に生かし、より旨い酒に醸しあげる。
言葉では簡単だけど、すっごく難しいな~(>_<)
きっとどこのお蔵でも考えていることだろうし。

現に、うちの蔵でも地元での消費のほとんどがやはりアル添の普通酒であり。
だからこそ、せめて米アルコールって考えるのは普通なのかもなぁ。

う~ん(@_@;)


(((((人気blogランキング)))))参加中です!!!

コメント

No title

素人の酒飲み親父です。今夜も良い酔い心地です。
尚子さんの醸した酒と巡り会いたいなぁと思いました。

はじめまして。

≫GIN3888さん
はじめましてm(__)m
ありがとうございます~!!!
まだまだ自分の酒とは言えませんが、じっくりいい酒を醸せるようになりたいです。
有言無実行にだけはならないように勉強しますね。

No title

尚子さん、色々と悩んでください。造りたい酒、売れる酒、売りたい酒、全部違うと私は、思っています。だから、以前にも書いたように蔵人尚子の醸したお酒を世に問うてください。そうしたら一つの答えが出て、又勉強ができます。

No title

 米アルコールでもなんであろうとアル添には変わらないと僕も思いますが。アル添でもおいしいという人がいて、それを日常飲んでる人がいてでもそれを納得ができない・・・素人ですいませんが・・・葛藤です。難しいところですね~
あとは消費者が選ぶ!でいいのだとは思いますが・・・
 今度、尚子さんの蔵が醸したお酒を飲ませていただきます^^近くに販売店がありましたので!

葛藤

仕事をしている分野は違いますが、悩みは同じ。まったく同じではありませんが、皆さん、同じような悩みを持ちながら、日々、仕事に励んでいるのですね。私も、お客様の望まれる「家」を目指しつつ、現実が目の前に立ちはだかって、色々打ちのめされています。お互いに、日々、がんばりましょうね。

引越しましたね♪

こんばんは!
営業の視点から言えば販売なくして企業無しです。
個人的に大寒仕込み好きです♪
自分の道を歩んでください!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なんだかとっても親近感をもってブログを拝見させていただきました。
私は蔵に戻ってきて2年目で、尚子さんより1年遅く入ってきました。
私もよく「君の目指したい酒がわからない」といわれますが、最初からみえてくる人ってなかなかいないと思うんですよね。
人生経験や出会う人で自分の価値観は変わってくるものだし。
お互い頑張りましょうね。
これからもちょくちょく拝見させていただきます。

はじめまして

僕も造りに入って今年で3年目です。
世の中純米酒だ!と言ってるわりに、普通酒や本醸造のほ方がまだまだ売れていますよね。
確かに向かう方向性によって違うと思います。

醸造用アルコールの利き酒ってしたことありますか?
意外と会社によっても味は違いますが、はたして消費者にわかるはになのかも疑問です。
良い酒が売れるとは限りませんしね。なんだかブログ読んでいて共感できる部分は多かったです・・・

またきまーす。

皆様、ありがとうございます!!

≫はだか祭りさん
造りたい酒、売れる酒、売りたい酒って確かに違うんですよね。その三者が同じであった時に、市場で認められ売れるのかなぁとも感じます。その三者について自分の中で理解したいがために、今葛藤中なのかもしれません。『世に問う』機会をたくさん作り、方向性を見定めていきたいと思います。

≫梅太郎さん
本当にアル添に関しては難しいです。こればかりは消費者の方の嗜好の問題になってくるので押し付けるわけにはいきませんし。だからこそ、『うまけりゃいいじゃん。』できちんと選んで頂ける様な酒を造っていなくてはいけないのですね。すごく長い道のりではありますが、試飲会などをした時にうちのお酒を飲んでいただき、実際にお話しをして、酒を以って説得していかなくてはなのかな~と思います。その為には…やはり『いい酒を造る!』に尽きますね。お近くの酒販店さんってどちらなんだろう。一気に緊張感が増しました。また、良し悪し率直なご意見を聞かせください。

≫ittokuさん
ありがとうございます!!!何回か前の記事にも書きましたが、『ものづくり』には共通の精神みたいなものがありますね。その時たけさんがコメントくださいましたが、『想い』が本当に大切なんだなぁと実感。造っているものこそ違いますが、『想い』を大切に乗り切り飛躍したいですね。

≫齋藤さん
ありがとうございます!!!営業の立場、造り手の立場、経営者の立場、それぞれの想いが同じでないと最終的に路頭に迷ってしまう可能性大ですよね。まだまだまだこれからです。いっぱい悩まなくちゃだろうな~。

≫いくちゃんさん
コメントありがとうございます!!!この業界に入り、すでに多くの方に出会い、たった2年の間にも自分の考えや価値観が少しずつ変わってきています。このまま変わり続けていては駄目だと思いますが、色んな方からたくさんのことを吸収して自分を確立していきたいですね。『人と人の縁』てすごい威力を発揮してくれますね。私の目指していた酒造りのひとつは『人と人とを繋ぐ酒』です。このことに関しては、今自分がいちばん実感し助けられていることかもしれません。

≫カズマさん
はじめまして。コメントありがとうございます。醸造アルコールの利き酒って、自分の蔵で扱っているものしかしたことないんです。うちの社長にもメーカーによって違うぞって言われましたが、それに関しては完全に勉強不足です。まぁ、消費者の方が飲み分けられる程の違いはないのでしょうが…。プロになるためにはそこまでしっかり把握した上で純米酒造りも取り組まなくてはですね。実際にうちの蔵の柱はやはり普通酒ですね。地元の皆様ありがとう~!!!だけど、純米酒も飲んでね♪
非公開コメント