FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

初呑み切り

2011.07.31 11:02|naoko@kisoji
8月2日は木曽酒造協会の初呑み切り持ち寄り研究会。

木曽は他の地域よりも若干遅い目なのですが、
タンクで貯蔵したお酒の熟度や状態のチェックをする為に、
全てのタンクの呑み切り(サンプリング)をしていきます。

昨日は、一日かけて全部のタンクの呑み切りをしました。
会社は休日だったので、久々の蔵仕事、静かにできてよかった。

この時期の呑み切りは、微生物汚染の危険性も高いので、
一回一回器具の消毒をしたり、かなり気を遣います。

今日はこの後、呑み切りした酒の利き酒してきます。
タンクでの貯蔵は冷蔵庫での貯蔵と違って、
なかなか貯蔵環境のコントロールが難しいところがあります。

今年の夏はどこへ行ってしまったのか…と言うほど、
気温が上がらず、過ごし易い気候が続いていますので、
幸いにして蔵内の温度も例年より低い目に。

当然、タンクの中のお酒も例年より若干ではありますが低い目です。

タンクの場所や冷却板の巻き方によっても、条件は異なりますし、
同じ様に冷却板を巻いていても、酒への影響もマチマチだったり。

本当は、タンクごと冷蔵庫に入れちゃえば良いのかもですが、
なかなかそうもいかないですからね。
しかも、自然の温度変化が与えられる方が、
酒質によっては良かったりもするんですよね、きっと。

ある程度は予測のもと、貯蔵タンクを選んだりもしていますので、
貯蔵環境に関しては想定できている中でのものも多いですが、
その年の出来具合によっても当然熟成感は異なってきますので、
やはり夏場に呑み切りをして酒質をチェックするのは、
非常に大切なことなんです。

2日は木曽5蔵のお酒を全て利くことができるんですね。
各蔵のお酒がどんな表情を醸しだしているか、楽しみです。


人気ブログランキングへ
蔵の中の仕事はやっぱり好きだな!
酒蔵の中の独特な雰囲気がたまりません。

コメント

非公開コメント