FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

日々の過ごし方

2011.10.08 14:44|naoko@kisoji
昨日は長野県の北の端、小谷村へ行ってきました。
今年も酒造期に入る前の恒例の小谷杜氏講習会に。

私が蔵で仕事をし始めた17BYには、
確か純血の小谷杜氏って13人はいたような。
それ以外にも、蔵人で5~6人はいたような。

しかし23BYになってみると、寂しいかな、
純血の小谷杜氏って4人だけになっちゃったんですね…。

ここ2~3年で北安曇の酒蔵で立て続けに世代交代があり、
しっかりと技術が若手に受け継がれているとは言え、
一気にベテラン杜氏が減っちゃったってわけです。

ウチの蔵にも様々事情がある様に、
どの蔵にも事情があるのは解るのだけれど、
季節雇用で働いている杜氏さんたちって、
一年一年が勝負なんですよね。

経営者が見切りをつけてしまえば、来年度はないわけで、
やっぱり『この杜氏じゃなければウチの酒はできない!』
ってくらいの、技術や人となりがなくちゃならないんですね。

すっごいプレッシャーだと思いますよね。

私なんかは、自分の蔵ですから、
たとえ今年不本意な造りに終わっても、
また来年頑張ればいいじゃん!って思いがちだけど、
(でもすっごく悔しい想いを味わうんですけど。)
そうは言ってもそんな考えじゃ甘いってことですね。

もちろん私も毎年本気だけれど、
プレッシャーって意味では全然掛かってないのかも。

昨日お会いした杜氏さんたちも、
もちろん一年一年を生きているわけで、
『毎年真剣勝負』って言う杜氏の言葉はやはり重かったな。

7月に父が62歳で他界し、私の祖父は60歳で他界しています。
女性は比較的長生きではあるけれど、
ここ2代、湯川家の当主は短命でした。

父が60歳を越えた時に
『親父の歳を越えちゃったな。』って言っていました。
なんて後ろ向きな発言なんだって、その時は思ったけれど、
すっごくすっごく大きな節目だったんでしょう。

男性と女性とは違えども、
父が他界して以来、自分の寿命は60歳と思うことにしています。

難しい事ではあるけれど、毎日を一生懸命に、
毎日を生きている感謝とともに、
60歳までに自分の人生を完結できるように、
後悔なんてしないように、生きていきたいと思うのです。

それ以上生きられるのであれば、
余生を有意義に過ごせばいいんです。
もっとやりたいことが見つかっているかもしれないし、
第二の人生って思えばいいんです。


昨夜、
『尚ちゃん、攻撃的に行け!伝統は守ってはダメだ!!』
そうベテラン杜氏の方に言われました。

『Stay hungry, Stay foolish.』
この言葉と重なるものを感じました。

何はともあれ、後悔をしない毎日を送ることっ!!
それが今私のすべきことだと、切に感じます。


人気ブログランキングへ
ランキング、低迷気味(^_^;)応援よろしくお願いします!

コメント

非公開コメント