fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

むらづくりミーティング

2011.12.08 19:26|naoko@kisoji
12月4日に、木祖村でむらづくりミーティングたる講演会がありました。
どうやら6回目らしい、このむらづくりミーティングですが、
私が参加するのは今回が初めてのこと。

かつては3町8村あった木曽郡も、
2005年に1村が越県合併をし、
もう1村が塩尻市と合併したので3町6村に。

そして、同じ2005年に1町3村が合併して木曽町が作られたので、
現在では3町3村の自治体が木曽郡にはあります。

2005年の時点で、住民アンケート等をした結果、
我が木祖村は独立の道を選択したのです。

ちなみに、【木曽郡】の中に
【木曽町】と【木祖村(きそむら)】があるって、
とても珍しいようですね。

木曽川源流の地ということもあり、
上流には中京圏の水がめであるダムもあり、
そんなこんなで、今現在ではそれほど財政状況の悪い村ではありません。

また、長野県は谷間が多いこともあって、
全国的にも合併があまり進んでいない県でもあるそうですね。
ちなみに、【村】の数が日本で一番多い県だとか…。

私はここ木祖村で商売をしている家に生まれ、
結果的にその商売を継いでいます。

となれば、一生この地を生活の拠点として過ごしていくことに、
ほぼ間違いはないと思われます。

子どもの頃は、ここの地が嫌いで(理由なんてなかったと思います。)
どこでもいいからどこか遠くへ行きたかったんですね。
高校生から一人暮らしをさせてもらって、
県外の私立高校へ通っていました。

今思えば、よく親が許してくれたなって、思いますが、
高校受験を控えた頃に父から
『ここで家業を継いで商売する気持ちが少しでもあるなら、
地元の高校へ行きなさい。』
と言われたのを今でも忘れません。

その当時は、それがどういうことを意味しているのか、
ちっとも理解していなかったし、
心の奥底では家業を継ぎたいと思っていたくせに、
地元は一刻も早く抜け出したいって感じていたから、
その意味を理解しようなって、ちっとも思わなかった気がします。

間もなく32歳の人生、どんな選択をしていても、
今の自分は自分が生きてきた積み重ねであると思うので、
地元の高校へ行かなかったことに後悔はありません。

ただ、人脈づくりって言う面では、
確かに地元の高校を出ていた方がよかったかなとは思います。

今回の講演の内容もしっかりとお聞きしてはいましたが、
その内容と言うよりも、自分にとっての地元木祖村について
改めて自分で考える機会になったので、行ってよかったかな。

震災で地元を失くしたり、
地元があっても帰れなかったり、

本当に神様は不公平だって思います。
神様に怒りをぶつけても仕方ないのだとは思うけれど、
私は私なりに、今の生活にしっかりと感謝をしながら、
一日一日をここ木祖村で大切に過ごしたいって思いますね。


ちなみに、講演から感じたことはその日のうちにFBに書きました。
↓↓↓転記↓↓↓

【自立の精神を持って、独立の道を歩む村】

まずはそこに住む住民が自分の村に誇りを持つこと!
若者が都会に出て経験を積んで、ぜひ戻ってきたいと
思わせるような村になること!!

将来親の跡を継いで酒造りの商売をするんだろうとは、
心の片隅にず~っとあったのだけれど、
それとは別に、自分が村民として
村に残る側になるとは思ってもいなかった。

とっとと村を出た方だから。

子供の頃は1秒でも早く田舎から抜け出したいと思ったけれど、
今はここで骨をうずめる覚悟ができています。

飲みに行く場所が近くにない…なんて、
ぶぅぶぅ文句を言いつつも、そんなことはちっぽけなことで、
自然と共存できる村にしかない魅力は計り知れないものだと思います。
ここで生き、ここで子供を育み、ここの地に眠る。

そんな誇りを持てる村にするのは、私たち世代なのでしょう。
今は何もできていないけれど、何かはできるはず。

素敵な村です、木祖村。


人気ブログランキングへ
木祖村の人口って、たったの3,100人です。
ラッシュ時ほど詰め込めば、
山手線一編成に全員乗れちゃうらしいです^^;

コメント

非公開コメント