FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

大事なご報告

2012.04.20 21:18|naoko@kisoji
株式会社湯川酒造店

ここまで、私の自我が強いが故に、
様々な不整合が起こっていました。

女性杜氏!湯川尚子!!

なんて、皆さまからご贔屓にしていただき、
応援していただき、とても感謝しております。

私は、杜氏ではなく社長です。
社長になる前までは、杜氏見習でした。

いずれにせよ、杜氏ではありませんでした。

(注:杜氏とは蔵人の事ではなく、その総責任者の事を表します。)

ですが、現在の湯川酒造店の酒造りを主導している自負はあり、
しかし、ベテランの杜氏さんが実際には存在し、
お客様に対しても社内に対しても、
説明をつけにくい状況が横行していました。

そもそも、女性杜氏とお客様が表現してくださるようになり、
現実的に見ても、技術者として真の「杜氏」にないたいですから、
帳面から計画から蔵の蔵の統制から
ほぼすべての仕事を請け負っているんだし、
杜氏って言われて否定しなくてもいいよな!って。

でも、その中途半端な態度がいけなかったのです。
私は決して「杜氏」ではなかったのですから。

本日、皆造祝い兼杜氏の送別会を開きました。
そう、今まで20年以上お世話になった杜氏に、
今季限りで湯川酒造店の酒造りを
引退していただく事に決めたのです。

酒造りに対する想いがずれるのは
経験や年代が違うのですからしかたありません。
私のプライベートな事情で、
主人が次期杜氏に就任するのも確かです。

でも現実を見たときに、
先を見据えた酒造りができる体制に、
少しでも早く落ち着きたいというのも、
正直な気持ちです。

いろんな感情はうずまきますが、
湯川酒造店、
今季で小谷杜氏花岡今朝雄の時代が終了しました。

来季からは、新進気鋭杜氏丸山慎一で再スタートです。

どうであれ、前進あるのみ。
社長は焦っているのです。
でも、焦らないのです。
一歩ずつ。

コメント

お疲れさまでした。


踏み切ったね、大変だったと思います。
そして花岡さん、本当にお疲れさまでした。

みんな応援してます。
頑張れ、丸山杜氏。頑張れ、尚子社長。

>たけさん

ありがとうございます!
ここまでずっと不安定な状態でした。
その中で嫌気がさしたかもしれないけれど、
わがままな私と一緒にお酒造りをしてくれた
花岡杜氏に心から感謝です。
これからは、丸山杜氏以下、
新たな一歩を踏み出したいと思います。
これからも改めましてよろしくお願いいたします。

蔵の歴史の一コマ

認証入力がうまくいかなくて コメントは失敗ばかりです。今回はどうかな。
花岡杜氏は引退されるのですか。木曽路は杜氏が三人もいるぞ なんて話も出来なくなります。こういった変化はいつかはあるものですから、このタイミングではベストな選択だと思います。
連休は松本です。居酒屋のお勧めのところがあれば 教えて下さい。

若いときの苦労こそ、

我が娘世代の尚子さん、
貴方の活躍には、いつも惚れ惚れさせられます。
酒蔵の後継者として生まれるべき人だったんだと感じられずにはいられません。
湯川酒造の酒に惚れ、尚子さんの人柄に惚れた日本酒好きの期待をご主人とともに背負ってください。すべて感謝です。5月お会いできるのを楽しみにしています。

>泉山さん

コメント認証、ちょっと考えなくてはいけません。
申し訳ございません。

蔵が繁栄していく為には色んな決断が必要だと
解っていながらも、なかなか難しいものですね。

今がベストな選択であってほしいですが、
それが解るのは随分先なのかもしれません。

何はともあれ、より緊張感が高まります。

連休、松本なのですね。

オススメのお店が沢山ありすぎて、
全部紹介しきれませんが。
仲良くさせて頂いているお店を。

人も街も大好きです!

・チーズとお酒のお店 ジュレ・ブランシュさん
・お蕎麦と日本酒 蕎麦倶楽部佐々木さん
・長野の地酒満載 大衆居酒屋的な風林火山さん
・フレンチと日本酒 ノンドさん
・素朴な郷土料理と地酒 草菴さん
・全国の地酒が飲める 厨 十兵衛さん

>nadaさん

コメントありがとうございます。

いつも迷い迷い、
どうしていいか解らないことだらけです。

皆さまに応援していただけるのが、
本当に嬉しく、こちらこそ感謝でいっぱいです。

5月、遠路にもかかわらず、
本当にありがとうございます。
間もなくですが、お会いできるのを楽しみにしております!
非公開コメント