FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

税務署の書類

2012.05.02 15:52|naoko@kisoji
酒蔵にとって、大きな大きな仕事は、
税務署への申告書類ですね。

酒造年度は7-6月で区切られるのですが、
なぜか4-3月で区切る書類もあったりするのです。

製成数量から課税移出数量から戻入数量から…
あらゆる数字を書いて提出しなくてはなりません。

毎年当たり前に行っている仕事なのですが、
毎年何かしら数字のマジックにぶち当たって、
何だかんだ頭を悩ませなくてはなりません。

おまけに、当社では蔵内の管理ソフトを22BYから導入しており、
ようやく2年近くの情報が蓄積してきたところ。
今季4-3月で提出すべきデータは全て入力されているので、
管理ソフトから出力すればいいだけのはずなんですが…。

なぜか整合性が取れないところを発見してしまい、
もう1年前のデータまで再確認。

4-3月で区切ると、21BYの4-6月までのデータが
まだソフトに入っていないので、
以前の手書きの帳面から電卓を弾いて数字を算出しています。

過去のデータが間違っていたわけではないのだけれど、
一体どの数字と数字を足し合わせてきたのかがよくわからなくて。

手書きの帳面が苦手だったから、
わがまま言って蔵内のソフトを導入してもらいましたが、
管理ソフトを導入したらしたで、
ソフト上の数字のマジックに戸惑っております。

結局、何を何L造って、何を何L売って、と言う、
日常の仕事が数字化されているだけなので、
答えはひとつしかないんですけど。

引かなくちゃならない帳面が多すぎるってのが、
私の頭を散々悩ませているのですね。

間もなくBY末が近づきますし、
原料の受払やら何やらしっかり再確認しておきましょう!


人気ブログランキングへ

コメント

みなさん苦労されています

税務署対応はどんな企業も苦労しているようです。蔵は税務以外にも技術指導がありますから もっと大変だと思いますが避けて通れないことなので頑張って下さい。
二日に松本に入りました。教えて頂いた「風林火山」を訪問しました。松本で何故か風林火山かは不思議でしたが、若い女性店員の方が日本酒に詳しく、おすすめは「九郎右衛門」でした。
非公開コメント