fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

つば吉の一日

2012.07.30 18:02|naoko@kisoji
とある土曜日。

朝のお散歩から帰ってくると、
近所のお姉さんが、地面にうずくまるツバメの雛を
困った様子で眺めていました。

近所の子曰く、2羽の雛がいたツバメの巣が、
雛の重みに耐えられなくなって落ちちゃったとのこと。

1羽は自力で飛び立って行ったようですが、
残った1羽はまだ産毛も残り、羽ばたくものの飛ぶことできず。
歩く事もままならず、餌をついばむこともできず、
ただただ親鳥を求めて鳴くので精一杯。

かわいそうだけど、ツバメの雛は飼えないから、
せめて車に轢かれない様、私の家の玄関先へ避難させました。

そして命名すること「つば吉」




すると…。

先に飛び立った兄弟らしき若ツバメが、
その後、つば吉の親と思われるつがいのツバメが
つば吉の鳴き声を探し当てて、寄ってきたのです。

そして、そのほかにもたくさんのツバメが、
つば吉の周りに集まってきては、羽ばたき方を教えるかの様に、
また、親鳥は餌を運びに、繰り返し繰り返し来るのです。

この時期、藪原の街並みにはツバメが巣を掛けるので、
ツバメの低空飛行は見慣れたものなのですが、
地面に直接、しかも群れで着地するなんて珍しいものです。



日が暮れて、夜は野良猫に悪さをされてもいけませんし、
小さな箱に新聞紙を敷き詰めて巣箱を作り、
家の軒先にそーっと寝かせてあげました。

翌早朝、心配になって様子を伺うと、
つば吉、元気に羽ばたく練習をしているではありませんか!

地面に置いた巣箱の中で雛が夜を越せるとは、
実はあまり思っていなかったのですが、
前日よりも羽がシャープになってるし、
毛づくろいや羽ばたく練習も動きが大きくなっています。

しかも、早朝から昨日の仲間たちが餌を運んだり励ましたり。

仲間の様に、飛びたくて仕方のないつば吉は、
これでもかって羽ばたく羽ばたく。

残念ながらすぐに着地してしまったものの、
地面から体を浮かせて巣箱から飛び出しました。


あともう少し、あともう少し。


嬉しくなって、元気なつば吉を横目に、
朝のお散歩に出かけて帰ってくると、
そこにはつば吉の姿はもうありませんでした。

当然、仲間のツバメの姿も空高く、光っています。

きっと、つば吉は親や仲間に励まされて、
自分のチカラで巣立っていったんでしょう。

動物の本能と、愛情はすごいものだと、感激しました。

子どもがいたら、すっごく素敵な体験できたよね。

今頃つば吉は空高く飛び回っているんだろうな!


人気ブログランキングへ
大空高く飛んでみたい!

コメント

非公開コメント