fc2ブログ
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

仕事、学ぶ。

2013.03.25 22:48|naoko@kisoji
仕事の仕方は人それぞれだと思う。

「これ、よろしくね!」の一言で、
何をすればいいのか伝わる場合もあるけれど、
イチからヒャクまで指示をした方が、
確実な仕事として返してくれる場合もある。

ただ、目の前の仕事をこなすだけでは、
その人はある意味ロボットのようなもの。

目の前の仕事をいかに効率的に、
いかに丁寧に、いかに発展的に行うかが、
「いい仕事」なのだと思う。

私が酒蔵に入った時、
杜氏からは「見て学べ」と言われたのだけれど、
どちらかと言えばマニュアル社会の育ちで、
前職に新入社員として入社した際の
新入社員研修などは、まさにその積み重ね。

営業のロールプレイを何度も行い、
話し方や名刺の扱いまで、
懇切丁寧に教わった記憶があります。

そんな社会人生活のスタートを切っていた私にとって、
「見て学べ」ってとても難しかったもの。

見ていたところで、杜氏たちが何してるかわからない。
質問の嵐で困らせたことも多々あったけれど、
それでも満足な答えが返ってこない。
あえて返していなかったのかもしれない。

どうしたら杜氏たちとまともに話ができるのか、
楽しそうな酒造り談義に入れるのか、
どんな質問をしたら応えてくれるのか、
毎日が必死で仕方なかった気がします。

なんでもひとそれぞれで、
ひとによって捉え方も感じ方も、
その強度こそが、まちまちだから、
なので組織が成り立つのだろうと思うけれど、
でもそれをうまく形成していくためには、
やはり社長の役割が大切になって来るのでしょう。

不測の事態が起こったときこそ、
社長の立場が問われ、
それによって、今後の道も変わるのかな。

人生の先輩や社会人の先輩はたくさんいるけれど、
自分の立場の直属の先輩が他界してしまったので、
「見て学ぶ」が直接的にできなくなってしまった。

記憶を辿り、想いお越し、父の立場になってみて、
自分の立場を振り返り、
どうしたらいいか考える。

想像の中で、見て学ぶ、実行中です。


人気ブログランキングへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私が30代の頃、今は一部上場している会社の社長室を勤めていました。
そこで学んだことは、「仕事とは決めることと指示すること」でした。
指示されてやることは作業だと。

もう一つ。
一つの事業部を預かっていた頃、会社の組織とは別に週一で勉強会を催していましたが、そこで分かったことは「一人として同じ価値観を持つ者はいない。その差がどの位あるかを知ることだ」でした。

いくら客観的に正当性がある決定を下しても百人が百人賛同してくれるとは限りません。
松下幸之助も、10人の役員のうち9人が反対してもやらなければならない時がある、と言っています。

私も今同じ悩みを味わっています。
でも進まなければなりません。
頑張りましょう!

>和尚さん

お返事遅くなりました。
まだまだ社会経験の短い私には、
とても力強いお言葉です。
ありがとうございます。

私も以前受けたセミナーで、
「自分と他人が違うと言うことを認識せよ。」
と教わりました。

自己中心的な考えが強い私ですから、
それを意識するだけで、違ってきた気がします。
がんばります!
非公開コメント