FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

答えはまだない。

2013.07.10 21:14|naoko@kisoji
今日は、朝イチのあまり建設的ではない口論をきっかけに、
とっても前向きな意見交換を杜氏と一日することができました。

きっかけは何であれ、
今日1日の収穫は大きかったですね。


で、私は女性社長として、
丸2年が経ったとことなのですが、
最近、「女性」としての役割や、
社会の中での存在意義をとても考えます。

安部政権では女性の社会進出が応援されている様に感じますが、
女性として社会で存在していく為には、
全ての人が男性/女性の役割を認識した上で、
共存するべきだと思うのです。

動物の世界では、雄雌の役割ははっきりしていることが多く、
人間の世界では、男女均等が訴えられています。

でも、よくよく考えると、
女性は妊娠出産をする役割があり、
男性は子孫を残す役割があり、
男女が揃うことで、後世に生命を繋げることができるのです。

私は仕事が好きです。

でも、結婚したことにより、
女性として夫が快適に過ごせる家庭を作ることが、
私の役割であると、認識したのです。

今後、まだ未知の妊娠出産を経験したとすれば、
それはまた、女性としての役割を
自分で考える機会になるのだと思います。

そして、間違えなく女性として必要な事なのです。

女性の社会進出の話題のすぐ横に、
晩婚から不妊、高齢出産の話題が転がっています。


会社を経営し、家庭を持ち、
経営者・社会人・妻・母・一個人
様々な顔を一人の私の中でどう共存させていくかが、
今を生きる女性の大きな課題なのでしょう。

ちっとも答えがない状態で、
blogに書くことでもないけれど、
全くの平等はあり得ることではなく、
それぞれの人間としての役割を尊重し合える、
そんな社会になればいいなって、とても感じます。

私は偶然、女性として生を受け、
夫は偶然、男性として生を受けました。

そこには力の違いがあったり、
動物的役割の違いがあったり、
思考の組み立て方も違うだろうし、
でも、それって偶然のことなのです。

だから、そこで神様から与えられた役割や、
その身体の性質を認めたうえで、
どう日々の生活を構築するか考えなくてはいけないのだろうな。

私は女性で経営者ですが、
社会で活躍している女性は社員の立場の方も多く、
私の様に自分の意志で環境が動くわけでもないでしょうから、
とても苦労をされている方が多いと思います。

ただ、今日ここに書いたことに対して、
具体的に説明をできるかと言えば、
なかなかそれも難しい事なのです。

ちっとも答えが見えていなくて、
自分が妻となり母となり、人生のステージが進む中で、
女性であることについて、考えも大きく変わると思います。

今、この瞬間、自分がどう思ったか、
その記録に読者の皆様にお付き合いいただいてしまい、
申し訳なく思います。

「女性だから」と言うことはあまり考えたくありません。

しかし、自分の「女性だからこそ」出来得る役割は、
しっかり認識しなくてはならないと、感じます。

日々を過ごすことで、
たくさんの方とお話しすることで、
何か腑に落ちる時が来ればいいな。

とにかく、私は日々を直感的に過ごすことを、
大切にしたいと思います。


人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント