FC2ブログ
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

洗米!

2013.11.02 16:54|naoko@kisoji
更新が楽しくなってます。
また三日坊主じゃなければいいですが・・・。

25BY13.jpg

我が社の洗米現場!
ず~っと導入を迷っていた『ウッドソン バッチ式洗米機』
ついに、今季導入しました!!

今まではネットの袋に10㎏ずつお米を入れて手洗いしていましたが、
同じようにしているつもりでも、
洗う人によってバラツキがどうしても出てしまうもの。

洗米機を導入することによって、
人の手による洗米のバラツキはひとまず解消できそうです。

限定吸水の米については、
洗米後、小さなタライに10㎏ずつ、浸漬をしています。


ある程度しっかり吸水させたい米については、
最大180㎏までをひとつの単位で浸漬させます。

25BY14.jpg


いずれにしても、浸漬の段階で水があまりにごらない様、
洗米でしっかり糠を落とせる様に工夫をしています。


洗米については、とても大切な工程です。
私が初めて蔵に入ったころは、
正直洗米の行程がすっぽり抜けていました。

浸漬の水が糠だらけで真っ白で。
せっかく米から分離した糠が、
浸漬中にまた米にくっついてしまうんじゃないかって。

米を洗うのにも櫂棒でガシガシかき混ぜていましたから、
米を洗っているのか、砕かせているのかわかりませんでした。

年々、疑問点を解消しながら、
ようやく昨年まで行っていた手洗いにたどり着いたわけですが、
現在4人で蔵の仕事を回さなくてはならない中では、
少々手間が掛かりすぎてしまうのが課題でした。

そこで登場するのが、洗米機!
自分の中でも導入には賛否あり、とても迷いはしましたが、
洗米精度がどのように上がってくるのかにも興味がありましたし、
効率化と言うのは、大切なことですので、
『洗米精度を上げながら効率的に仕事ができる』
と言うことで、導入を決めたのでした。

洗米機の洗米精度は、やはり素晴らしものです。
ただし、問題点は浸漬後の水切りです。

今まで、限定吸水はネットごと竿に吊るして
自然に水が切れるのを待っていました。
この方法は、重力を利用しているわけで、
米に負担も掛からずしっかり水切りできるのですが、
難点は水が切れるまで時間が結構掛かってしまうことなのです。

時間が掛かると言うことは、吸水ムラにもつながりますので、
サクッとしっかり水を切るために、吸引脱水機も同時に導入したのです。

簡単に言えば、掃除機で水分を吸い取るようなもの。

ただ、これがイマイチ使えなくって、
吸引してもちっとも水が切れないんです・・・。

今まで水を切って後のお米はサラサラの状態になっていたのに、
翌朝釜に張り込む直前でも、米の表面に水がついたままなのです。

まだまだ始まったばかりですから、
これから色んな方法を試しながら、ウチの蔵に合った水切り方法を
見いだせていきたいなと、そんな今は状況です。

色んな人に聞いてみたり、
蔵の中で議論してみたり、
ネットで調べてみたり。。。

意外と、youtubeにも洗米風景がUPされていて、
結構参考になる動画も見つけました。

こうして、日々の繰り返しで、
少しずつお酒造りが上手になっていくんだろうな。。。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング参加中です

コメント

非公開コメント