05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

有給休暇

2016.07.03 22:07|naoko@kisoji

「有休を1回使うごとに君は信用を失っている」
ブラックすぎる言葉に震撼!取得率アップには企業の意識改革が不可欠だ


この記事呼んで、ホントかウソか、世の中こんなんじゃ有休取れないわなって、
有休とって幸せなプライベートを過ごせる会社を目指している社長として、
理解しがたいし、何だか切ないなって感じちゃいます。

当社では有休は勤続何年か経てば年間20日は権利がある訳で、
しかも1年分は繰り越し出来るんですから、
合計すれば40日MAXで有休取得出来るのです。

人数かつかつの中小企業にとって、有休100%取得ってのは
人手的に正直困る部分も否めないなぁって、考えちゃいますが、
100%とは言わずとも、数日くらい取ればいいのにって、
社長になってから伝え続けて来ているんですが。

うちの社員も有休なかなか使わないんですよね。

会社としては積極的に取るように言っていて、
最近では数日ずつはみんな使うようになってきたんですけど。

私が全員の前で適正な有休使用を!と伝えているのに、
ある時社員から「有休が取りにくい雰囲気がある。」って言われて
結構ショックだったのを思い出しました。

仕事の緩急を見て、社員同士相談して休める時には休むって
少しずつですがそんな雰囲気になってきていると思った矢先だったので。

前職がよっぽど「有休取るな!」って暗黙のルールだったのか、
田舎の中小企業なんてそんなもんって思い込みがあるのか、
何れにしても、社員が出来るだけ幸せに暮らせて、
なおかつ会社が繁栄して行ける、そんな会社を目指しているんですから、
まだまだ現実は伴わないかもしれないけれど、
ウチの会社はそれが目指せる会社なんだ!って、
社員にも湯川に勤めていれば休みもあるし、
キャリアを積めば給料あがる可能性があるし、
自分の会社にもっと自信をもって欲しいなと、
そんな風に願っております。

そう思ってもらえてないと言うことは、
社員から見てまだまだ魅力の少ない会社だと言う証拠なのですが、
たぶん客観的に見ても、時間外や賞与や有休などなど諸条件は、
そんなに悪くないはずなんだけど。。。

まぁ、ベースのお給料の問題もありますから、
まだまだ会社としては営業努力が必要ですし、
社員にしっかり還元しなくては、
役員である私たちも稼ぐことが出来ませんからね。

社員にしっかり利益を還元した上で
自分たちにもしっかり還元して行ける様に。

社員であろうが役員であろうが、
努力はどんな形であっても報われなくては。

お金だけがモチベーションでは決してないですが、
それでも生活に直結するのはやっぱりお金。

土台がしっかりしてこそ、
仕事への意欲やモチベーションに繋がると、
私はそう考えています。

湯川で働きたい!

お金の面だけでなく、職場環境や
自分たちの扱う商品への愛情や自信、
色んなことを総合して、
そう思っていただける様な会社を目指しています。


人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント