03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

命日。

2016.07.14 18:38|naoko@kisoji
本日、7月14日は私の父である先代社長の命日です。
早いもので、すでに5年が経ちました。

今朝の朝礼で社員に対して話したのですが、
今は時代の流れが本当に早い。
この5年は、私が社長になっての5年とイコールですが、
その間に様々なことが起こり、業界の状況も変わり、
そして6年目に突入して、変化をもって前進していくのです。

酒造業は、1年に1回しかお酒を造る事ができず、
冬に集中して造ったお酒を1年以上かけて売るわけですから、
比較的時間の流れや変化が緩やかな業界だと、
客観的に見ていた時は思っていました。

ですが、実際に酒造業を営んでいると、
1年に1回しかできない酒造りだからこそ、
その年の酒造りにその先1年以上の商売が掛かってくるわけで、
しっかりと先を見据えて計画を立てないと、
お酒が造り終わったころには、すでに時流に乗り遅れてる
なんてことにもなりかねません。

先日、異業種の方々の前で、自社の現状と課題を発表する
いい機会を頂いたのですが、
実際に発表しようと思って自分のやってきたことをまとめてみると、
よくまぁ、この短い間にこれだけのことを行ったもんだ。
と自分でも思うほど、色んなことに取り組んできています。

酒造りの技術的改革は真っ先に行っていますが、
設備投資や補助金の有効活用、
税理士の先生が変わり、社労士の先生が変わり、
決算期が変わり、様々なことが変わってきました。
火事もありました。

聞いていただいた先輩経営者からは、
スピードが速すぎて息切れしそう。とか、
社員は社長のスピードに付いてこれなそう。とか、
そんな意見を頂きましたね。

確かに、スピードが速すぎるかなって、
自分でも思うところもありますが、
何でもタイミングを逃すわけにはいかず、
前進する為の選択として「今しかない!」と言う、
ベストなタイミングに出会った時に、
迷わずに踏み込める自分でありたいとも思っています。

そこの感覚と言うか、直感は、
何となく今まで間違ってきていない気がするんですね。

大きな目標に向って行く為の道は何本もひかれています。
その道は直線かもしれないし、大きくカーブしているかもしれない。
山越えの様なアップダウンの道かもしれない。

そして、進む先々で分岐点にも出会い、
その度に右に行くか左に行くか迷わなくてはなりません。

選んだ道が目標に向かって真っすぐ進んでいるんだと、
そう信じて選ぶしかないわけです。
地図もなければナビもない。
自分の中にあるコンパスだけが明確に目標を指しています。

だからこそ、道はゆっくり進んでも、分岐点では迷わない。
それが私のスピード感です。

父からしてみたら、
「そんなに急がなくてもいいのに。
もうちょっとゆっくり考えれば。」
って思われてるんだろけど。

分岐点で一度迷いはじめると、
進めなくなっちゃいますからね。
テンポよく前進!

人気ブログランキングへ

コメント

あぁ。それが尚。
私にはできない真っ直ぐさ。羨ましいよ😁突っ走ろう!受け入れてくれる人多いはず。

>仁子

ありがとう!
コメント、気づいてなかった^^;

何かに追いかけられて焦ってる感も否めないけどね。
頑張れる時に、頑張る!
非公開コメント