05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

成人式のお酒

2016.08.14 17:52|naoko@kisoji
本日は、木祖村の成人式。
私の頃(十ウン年前)はまだ成人の日に成人式やってたよな。

さて、なぜ今年の成人式に出席させて頂くことになったかと言いますと、
かれこれ、8年前に遡ります。

新成人の彼ら彼女らが小学6年生の年は、
「木祖村のお米でお酒を作ろう!」と地元農家さんのご協力を得て、
ヨネシロと言う品種を木祖村小木曽地区で作付けして頂き、
公募により決まったブランド名「燦水木」として発売し始めた年に当たります。

そこで、小学校の課外授業で、
そのヨネシロの田植え〜稲刈り、酒造りの体験をしよう!
そして自分たちが二十歳になったら飲むお酒を共に造ろう!
と、自分たちが携わって収穫されたヨネシロが
お酒に変わって行く工程を一部ではありますが見学し、
しぼった原酒を自分たちで一升瓶に瓶詰めし、
そして自分たちでラベルを1枚1枚作成し、
当社に預けてくれていました。

そのお酒が、8年経ち、
小学生だった子どもたちが、二十歳を迎えて大人になり、
今日の成人式に至ったのですね。

20years_01.jpg

酒蔵の奥でひっそりとその時を待っていたお酒。
正直、どんな熟成古酒になっているか、
ちっとも想像がつかなくて、ドキドキだったんですが、
私の想像を遥かに越える、琥珀色の美しい古酒になり、
まだ少々若さも残るものの、深い香りと味わいに、驚きました。

20years_03.jpg

20years_02.jpg

せっかくなので、今年の燦水木と8年古酒をセットにして、
自ら書いたラベルを貼って、皆さんにプレゼントしたのです。

二十歳の自分へのメッセージを書いた子や、
今(当時)の自分の大切なことを書いた子や、
夢中になっていたことを書いた子や、
二十歳になってお酒を飲んでいる姿を描いた子や、
多彩なラベルが素晴らしい!

彼ら彼女らはラベルを見て懐かしんでいましたが、
どちらかと言えば、村長や役場のみなさん、来賓の皆さんの方が
興味津々だったのは言うまでもなく。
ウチでは古酒を発売したことがありませんでしたから、
「こんなキレイな色になるんだね!」
「どんな味なの?」と、質問がいっぱい!

本当は、成人式の後の祝賀会で振る舞うことができれば
一番だったのですが、祝賀会はノンアルコール。
ちょっと残念。

私の頃はお酒出てた気がするんだけど。
仕方ありませんね。

彼ら彼女らにとっての思い出のお酒。
私にとっても、思い出のお酒。

これが、日本酒との素敵な出会いになってくれれば、最高です!


成人式。
自分の成人式以来の出席でした。
二十歳の誓いや恩師のことば、
素晴らしい式でした。

30代も半ばを過ぎると、二十歳ってすっごく若く見えるし、
まだまだ社会経験もこれからで、
自分自身も二十歳の時ってまだまだ子どもだったから、
そんな風に感じるのかななんて思っていました。

しかし、大学に通って夢に向かっていたり、
就職をして手に職をつけていたり、
まだまだやりたいことを探していたり、
ひとりひとり違うんだけれど、
でもすっごく考えているんですね。

確かに、自分も子どもだったけれど、
でも将来のこととか家のこととか、今何をしたいのかとか、
そんなことをたくさんたくさん考えていたのを思い出します。

感性も豊かで、これから先への希望がたくさんあって、
挫折ももちろんたくさんあるだろうし、
生きるのがすっごく楽しかったと言うか。

そんな彼ら彼女らの今や、夢に触れさせてもらったことで、
改めて、人生って素晴らしい!って感じさせられました。

今更二十歳に戻りたいとは思わないですが、
あと数年で迎える40歳が私の次なる節目となります。
今の自分を見つめ、目標を再確認し、
その先の20年で自分はどうしたいのか、
今から問いかけながら日々を過ごしたいと思います。


人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント