FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

家を継ぐこと、想定外。

2018.08.08 18:19|naoko@kisoji
家を継ぐっていうのは、こういうことか。

って、お盆が近くなるといつも頭を抱えるのだけれど。

それは、お墓。
ご先祖様が眠っている、大切なお墓。

私達夫婦で、湯川家と丸山家のふたつのお墓。

草刈り、枝切り、墓石の掃除(まではいつも手が回らない)。
無下にしたいわけではないけれど、
どっちのお墓もよく草が生える。よく枝が伸びる。

湯川家のお墓は、そしてバカ広い。
境界に植えられたイチイの木が、これまたバカでかくなっている。

とてもじゃないけれど、
自分たちの力ではどうにもならないレベル。

ということで、いよいよシルバーさんにお願いをして、
背丈を下げて間伐もお願いすることにしました。

自分たちでできれば、それに越したことはないのだけれど、
道具もなければ、やり方もわからないし。

というわけで、またもや想定外に手痛い出費となること決定です。

2018年は、家やお墓にまつわる出費が重なっています。

夏前には、古い水道管が動脈硬化状態になっていて、
深くて距離の長い水道管の布設替え工事を。

風で剥がれ落ちた土蔵の壁も直したし、
諸々の工事に伴って庭木の植栽をし直したり。

取り敢えず、お財布がビュービュー風吹いているので、
2018年はもう何もしないはず!!と思いたいのです。

でも、自宅も明治初期から120年以上経つ古民家だし、
基礎が沈んできていずれは何かしらの手立てをしなくちゃかな~とか、
考えただけで末恐ろしいことが待ち受けていそうですね。

立派な家を残してもらっていることには感謝しかないけれど、
それにしても、想定外のことが多すぎて、トホホです。

まぁ、家を継ぐ、そして守るって、そういうことね。


最近、仕事のことほとんど書いていませんね。。。


人気ブログランキングへ


コメント

非公開コメント