FC2ブログ
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アンガーコントロール

2021.05.06 00:25|naoko@kisoji
40代になって自分と会社に余裕ができた、子育てをし始めた。

理由は色々あると思いますが、
ようやくアンガーコントロールがうまくなってきました。
以前出た子育て講座で学んだ影響が大きいと思います。

古くからいる社員はよく知っていると思うけれど、
社員の言動に対して、私の思惑と違うと突発的に怒ったり。
怒りに任せて社員を辞めさせたこともあります。
自分の躓きのイライラをそのまま人に当ててしまうことも多々。

私自身が社内の誰よりも働き、誰よりも考え、
誰よりも結果を出すという、自分自身へのプレッシャーもあり、
常に余裕がなく、焦っていた30代を過ごしてきました。

基本的に感情の起伏が激しかったのが、
イライラのピークを自分で抑えることができるようになって、
一呼吸おいてから言葉を発したり、
そもそも、以前はイライラしていたことに対しても、
今は反射的に感情が揺れ動くことが少なくなってきました。

40代になってようやく、なんて、
お恥ずかしい限りですし、これまでよくやってきたなと、
自分自身を振り返ってみて随所に感じます。

社長の立場では、
夫の存在と信頼できる社員に囲まれ、
任せることができるようになってきて、
経営環境の多くを自分で組み立て把握でき、
俯瞰できるようになってきたからだと思います。

子育ての立場でみると、
もっともっとうまくいかないことが多くて
日々イライラするんじゃないかって想像していましたが、
家族みんなで育児に携われていることや、
子どもの性格にも助けられて、
本当に穏やかに子どもに接することができています。

魔の二歳児、いやいや期はこれから迎えることになりますが、
今のまま行けば、何となくうまく過ごせそうな気がしています。

=============================
子どもの脳の発達は25歳くらいで完成する。

 ①本能的な領域で感情や身体を司る脳幹部や辺縁系
 ②言葉の領域で認知を司る前頭前野

この①で感じている事を大人が共感して承認し、
②領域に伝達してあげる役割を果たしていくことで、
①と②の乖離や②に蓋をしてしまうことが生じず、
感情のコントロールが上手にできる脳に育っていく。
=============================

そんなことを子育て講座で学んだ時、
私自身、この①と②のバランスが崩れてしまうことが、
大人になってからもあったんだろうなと、気付かされたのです。

子どもの感情に共感して承認することは、
それほど難しいことでもなく、
日常会話の中で少し気を付けるだけでいいと、
肩肘張って「こうしなくてはならない」というものでなく、
そう教えていただいたことが大きかったです。

そして、その感情に共感して承認することを、
私自身に対しても実行していくことで、
イライラに対して上手に向き合えるようになったと思うのです。

ここのところ、児童虐待のニュースが目に付くようになって、
「なぜそんなことを?」と思う反面、
私自身が20代や30代の頃に出産を経験していたら、
少なからず子どもに手をあげたり暴言を吐いたり、
ニュースに出るような事態と紙一重だったんだろうと、
想像してしまいます。

ここに書いたような気づきと、自分自身の変化を
10年以上前に経験していたとしたら、
40代になった私はどのように過ごしていたのか。

でもこれまでの私自身が今の私を作り上げているわけなので、
積み重ねてきたことが遠回りだったとしても、
今の私にとって欠かせない時間であったことは間違いないのです。

自分自身を振り返ってみて思うのは、
「人の性格なんて、いくらでも変わるチャンスがある」ということ。

性格が変わったと自覚しているターニングポイントがたくさんあって、
その都度、ネガティブな自分を打破してこれた、
様々なきっかけがあったんですよね。

この先まだまだ長いであろう人生の中で、
常に柔軟に自分と向き合いながら、
湯川尚子という人間を構築し続けていきたいです。

しかしこれって、
ゴールは一体どこ?何?なんでしょうか 笑


コメント

非公開コメント