fc2ブログ
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

実は夢の中なのかもしれない

2023.03.23 00:51|naoko@kisoji
ふと。
そんなこと、
あるわけないんだけど。

長男次男がいる今の生活は、
もしかしたら夢なのかもしれない。

そんな不思議な感覚に陥った。

二人とも1歳から保育園へ行ってくれていて、
8時から17時半だから、登園時間も超長い。
なのに、毎朝ぐずるわけでもなく、
ご機嫌に登園し、夕方ご機嫌に帰ってくる。

彼らはきっと、自立が早いのかもしれない。

両親ともに高齢だから、
子が早く自立できるよう、
促していきたい気持ちを持ってはいるものの、
仮に、私と同様に高校から親元を離れるのであれば、
ともに生活する時間は長男があと12年、次男があと14年か。

彼らが思うように羽ばたけばいい。
もちろん会社を継いでもらいたい気持ちはあるけれど、
それは彼らが選択することであって、私の選択ではない。

となれば、もしかしたら今は、
壮大な夢の中にいるのかもしれない。

中学を卒業すると、「じゃぁね、バイバイ!」って、
両親に似て、大した執着もなく、
ふたりとも巣立っていってしまうのかもしれない。

命を授かるという奇跡が与えてくれた、子どもとの時間。
妊娠から出産の実感を伴って今があるにも関わらず、
もしかしたら映画の世界のように、
長い長い夢の物語の中なのかもしれない。

いや、そんなはずはない。

彼らがいてくれて、私たち夫婦はとてつもなく幸せで、
毎日その幸せを噛みしめて生活をしている。

ベッドで気持ちよさそうに寝ている二人を見ていたら、
今はもしかして夢の中なのか?と、
嬉しすぎて涙があふれてきてしまった。

この不思議な感覚は記録しておこう。
彼らに出会えたのはやはり奇跡なんだ。


コメント

非公開コメント