fc2ブログ
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

尚子

Author:尚子

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

何もできない自分が情けなくて心がぐわんぐわん言っている。

2024.01.14 02:33|naoko@kisoji
能登には私も杜氏も多くの知人の酒蔵があります。
にもかかわらず、発災直後から今日まで、
まだ誰にも直接連絡を取ることをしていません。

皆さんのことが心配で心配でならず、
XやFacebook、酒蔵のコミュニティなどから流れてくる、
安否情報や現状報告を受けて、一喜一憂しています。

発災から2週間がたとうとしている最近では、
復旧復興に向けた前向きな被災蔵の投稿も目にしたりして、
皆さんの力強さを受けまた一喜一憂している日々です。

木祖村からも専門職の方で被災地からの支援要請を受けて
被災地へ入っている方がいます。

それなのに義援金だけ振り込み、何もできない自分が情けなく、
当社からは生活用水を義援物資として石川県に登録したけれど、
はたまた必要とされているのかもわからない。

そんな中、息子氏たちが最近情緒不安定になってきた。
妙に抱っこをせがんできたりひとりを怖がったり。

まだ4歳の長男だけれど、
物心ついたころからニュースをつければ戦争ばかり。
発災後は震災のニュースがあふれてきて。
大きな揺れはなかったものの、
発災時は木祖村でも緊急地震速報が鳴り響き、
実際に地震があったりと、日常ではない状況が起こりました。

大変な大変な状況の能登に比べれば、
なんて事のないここにいても、
息子氏たちが情緒不安定なのですから、
震災を身をもって経験した方々のことを考えると、
子どもでなくても不安だったり怖かったり、
不安定になるのはもう致し方のないことだってわかります。

そんな中でも、自分たちの商売をつないでいくために、
家族を守るために、町を地域をつないでいくために、
力強い言葉が発信されていることに感銘を受けるとともに、
本当に心底大変で苦しくて辛い気持ちを鼓舞しているんだろうって、
そんな想像さえしてしまって、無意味に私がつらくなってしまうのです。

こうした自然災害によって被害を受けた酒蔵のことを考えると、
自業自得で起こしてしまった火事の時の感情がフラッシュバックしてきて、
皆さんの抱く感情が私のそれの数倍も重たいことが容易に想像ができてしまうので、
だからこそ安直な言葉を伝えることが憚られてしまい、
結果として何もできない自分がここにいるのです。

今夏は能登に遊びに行こうって、実は考えていました。
できることなら実現できる範囲で実現したい。
きっと、そうして人が流れることが復興を早めるひとつの手段なのだと思う。

現地にいる皆さんにとっては、
まだまだそんなこと考えられる状況じゃないかもしれないけれど、
でも先を見据えることができる何かがあるって、
すごく重要なことなんじゃないかっても思います。

何もできない自分が情けない。
でも私は私でやるべきことをやっていく。
それが何なのかは、時々で変わってくるのかなって思う。

とにもかくにも、1日も早い復旧復興、
能登の皆さんの明るい笑顔が戻ってくることを、
心から願っています。

コメント

非公開コメント